ABOUT “BLDA”

なぜ私たちは運動をしないと不健康になるのか?~システムとしての老化から読み解くホルミシス効果~

私たちは

誰だって健康であることを望む。

 

寿命だってなるべく伸ばしたい。

 

現在あなたが健康であれば、

思い描く将来の夢や目標は

健康な身体を維持していることが

大前提となっているだろう。

 

そしてそんなあながたが、

こんなことを思っているとしよう。

 

『体重や体脂肪率は

とりあえず正常の範囲内だし、

普段の食事や栄養には

それなりに気を配っている。

 

睡眠時間だって十分とれているし

人間関係だって良好だ。

 

この前の健康診断の成績だって

悪くなかったじゃないか。』

 

もし仮に

上記のような条件を満たしていても

あなたは不健康になる。

 

細胞は劣化し、老化するだろう。

 

なぜなら

週に150分の運動が抜けているからだ。

 

私たちは

身体を活発に動かし続けなければ

健康を維持できなのだ。

 

ではそう断言できる根拠を

詳しく解説してく。



☆家トレメニュー配信サービス☆

【神トレON-LINE】

継続的に、習慣的に、かつ手軽に運動を!

~G.tailトレーニングをお家の中で~

下矢印 下矢印 下矢印

神トレON-LINEの詳細はこちら

▢ 不健康の定義とは|細胞の劣化

運動しないと不健康になる。

 

こう断言できる理由を解説する前に、

まずははっきりさせておくべき定義がある。

 

すなわち、

“不健康”とはいったい何をもって定義するのか?

である。

 

私たちの身体は

約37兆個もの細胞と

(銀河系の星の数の約10倍!!)、

細胞が作るタンパク質で成り立っている。

(ヒトの細胞数はこれまで60兆程だと言われてきたが、2013年の研究で約37兆個だと判明)

 

したがって

一つ目のわかりやすい指標は、

細胞が正しく機能しているのか検査すればよい。

 

実際には細胞が正しく機能しているのかを

直接検査するのは難しいので、

体重や血液、尿、胃カメラなどを駆使して

間接的に検査するのが普通だ。

 

すなわち健康診断である。

 

健康診断で調べられた数値が

正常の範囲に納まっていなければ、

あなたは不健康の烙印を押される。

 

だが

不健康の定義が細胞の機能低下だとすれば、

私たちは年齢を重ねるとともに

不健康になるとも言えるだろう。

 

そして本当にその通りなのだ。

(残念ながら、、)

 

歳とともに

身体(細胞)の機能が低下していき

不健康になっていくことを

一般的には“老化”と呼ぶ。

 

人間にとって老化現象は

避けられない運命みたいなもので、

頭の奥深くでは

そのことを納得して人生を送るしかない。

(私たち人間は、老化のしていつの日か死ぬことを理解しながら生きなければならない雄一の生物である)

 

さてこれで

不健康の定義が曖昧になってきた。

(老人=不健康だと決めつけることはできないのでは?)

 

さらにこの議論を複雑にしたければ、

精神の健全さも検討材料に加えてやればいい。

(末期がん患者でも、精神的に豊かであれば健康と言えるのでは?)

 

だからこの先は、

不健康の定義のことは忘れよう!w

 

いや、

不健康の定義が曖昧なままでも、

運動しないと不健康になるとする

私の主張に筋を通すことは可能である。

 

その鍵となるのは

先ほどから繰り返しできてきている

老化という私たちを意図的に死に至らしめる

積極的な“システム”だ。

▢ システムとしての老化現象を紐解く

ところで、

車やパソコンや洋服は

使用するとともに劣化していく。

 

これと全く同じように、

生物も歳を取るとともに消耗し劣化する。

 

ほとんどの人がこう考えているが、

これは間違っている。

 

無生物が時間の経過にしたがって

劣化するのは物理の法則だが

(熱力学第二法則:エントロピーの増大)、

生物はこの法則を回避する術を持っている。

(実際のところはこの法則を回避する術を手にした存在物を生物と呼ぶ=生物の定義)

 

現に、サメやハマグリやオークの木は

歳をとっても

細胞の劣化が一切みられないことが分かっている。

(老化しない生物は他にも数多く発見されている)

 

そして私たち人間も、

20歳ころまでは一切老化しない。

(むしろ成長(=逆老化)する)

 

したがって、

20歳を過ぎたあたりから

成長するのを“あえて”やめて、

(もちろん成長し続ける要素もある)

わざわざ身体が劣化していく老化現象は、

進化の過程で自然が

“それを”選択してきた結果であり、

意図的で積極的なシステムと言えるのだ。

 

だがこのことは

従来の進化論と少し食い違う部分がある。

 

従来のダーウィン主義的進化論は、

個の生存と繁殖を最大化するように

進化してきたという立場をとってきた。

 

もし個の生存と繁殖を最大化したいのなら、

歳をとると死に近づく老化システムは

むしろ邪魔ではないだろうか?

 

最も生存力がある個が、

老化などせずに

生き続ければいいのではないだろうか?

 

もちろんそうとは問屋が卸さないのだが、

これには深い理由がある。

 

結論から言おう。

 

私たちを含め、多くの生物が

老化というシステムを選択したのは、

生態系を安定させ、

種(あるいはコミュニティ)としての

適応力を高めるためなのだ。

 

少し回り道にはなるが、

この先の内容を理解するのに必要な知識なので

詳しく説明していく。

 

歳とともに

細胞の機能が低下していく老化システムが

種やコミュニティの

適応力を高める理由は大きく2つある。

 

第一に、

老化によって意図的に死を迎えることは、

個体数の爆発的な増加を抑制するのに役に立つ。

 

例えばライオンが老化しなければ、

ライオンの頭数が年々増加するのは

誰にでも想像がつく。

 

すると反対に

ライオンに捕食されるガゼルの頭数は

年々減少して、

いずれは絶滅するだろう。

 

ガゼルが完全に絶滅すると

餌がなくなったライオンはどうなるか

想像してみてほしい。

 

そう、

ライオンも餓死していずれ絶滅するはずで、

結果として、

老化しないライオンは生き残れない。

(そればかりかガゼルも生き残れない)

 

したがって

老化によって個体数を抑制することは

種やコミュニティにとっては

大きなメリットがあるのだ。

(この例えではコミュニティをライオンとガゼルの2種類に仮定したが、リアルな自然界ではもっとはるかに複雑である)

 

第二に、

老化によって歳をとった個体の

身体機能が低下しなければ、

天敵に狙われるのはいつだって

赤ちゃんや子どもになっていまうことも

想像に難くない。

 

新しい命が成長するチャンスがなければ

そのコミュニティ内に

遺伝子のバリエーションが増えない。

(有性生殖の意義の一つは、次世代にDNAを受け継ぐ度に遺伝子を組み替えて、コミュニティ内の遺伝子のバリエーションを増やすこと)

 

もし

自然災害や疫病などが流行ると、

遺伝子のバリエーションの多い方が

種としては生き残る可能性が高い。

(=つまり適応力が高いということ)

 

したがって、

老化によって歳をとった個体が劣化するのは、

天敵の狙いを子どもではなく

年寄りに向かわせることによって

種やコミュニティの利益に貢献しているのだ。

(客観的な理論をストレートに主張すると、冷徹な人間だと思われるのは仕方のないことだが、私は決して年配の方を軽視しているわけではないことをご了承いただきたい)

 

そしてこのように、

生態系を安定させ、

種やコミュニティに

メリットをもたらす為の老化システム

という視点から考えると、

次のような結論が導き出せる。

 

すなわち

裕福で満たされた環境で過ごすほど

子孫を安定して残せるので

老化は早く進む方に利益があり、

劣悪で過酷な環境で過ごすほど

子孫を残す機会が減少するので

老化は遅く進む方に利益がある。

(このことついては様々な研究が成されており、餌をあまり与えず運動ばかりさせたマウスの方が、餌を十分に与えてあまり運動させないマウスより何年も長生きすることもわかっている)

※参照:著書「若返るクラゲ 老いないネズミ 老化する人間/ジョシュ・ミッテルドルフ

 

さて、こう結論付けられる

さらなる詳細は上記著書に譲るとして、

このように

老化システムのメカニズムを正しく理解できれば、

冒頭に私が記した主張の根拠も

理解できるはずだ。

 

つまり、

良質な食事、睡眠、人間関係など、

運動を継続していること以外

健康的な振る舞いができていても、

運動をしていないという事実だけで

私たちは老化し、寿命は短くなり、

早死にするのである。

 

少々小難しい話しで回り道をしたが、

死ぬまで運動を継続しなければ

健康を維持できないという運命が、

私たちの体には深く暗号化されていることを

ご理解いただけただろうか。

 

では次に、

運動をするとどのようにして

細胞の機能が維持されるのかを

見ていくとしよう。

▢ 運動とホルミシス効果|アンチエイジングの真髄

運動をすると健康になる!

 

筋トレは身体に良い!

 

ジョギングすると長生きする!

 

これらはあまりにも一般的に浸透し過ぎていて、

それがなぜなのかを疑うことは

普段しないだろう。

(一時期、運動をすることが身体に悪いというデマが世間を賑わせたこともあったが、その根拠の部分(フリーラジカルと酸化)は真っ赤な嘘であることが分かっている)

 

でもよくよく考えてみると、

きつくて辛い運動をして

体に鞭を打つことが、

なぜ健康の為になるのか

不思議に思わないだろうか?

 

運動による一種の“ダメージ”が、

どのようにして

細胞の機能維持に繋がるのだろうか?

 

ここで

一般の人にはあまり耳慣れないであろう

専門用語を登場させたい。

 

すなわち

“ホルミシス効果”だ。

 

ホルミシス効果とは

細胞が(物理的・化学的)ストレスに

晒されてダメージを受けた(損傷した)後に、

その修復活動を

過剰にやり過ぎる効果のことをいう。

 

わかりやすく言えば、

地震で家が倒壊した後

大工さん10人態勢で修復作業を行い、

半年後に完全に元通りに戻ったにも関わらず、

その後も10人の大工さんが毎日家に来て

何かしらの作業を継続しているような状況である。

 

結果的にあなたの家は、

元の状態より頑丈になる。

 

例えとしては正確ではないかもしれないが、

イメージはこんなところだ。

 

つまり

筋肉、心臓、肝臓、皮膚、骨、脳、精神、免疫、血液、ホルモンなど、

私たちの身体を作る全ての要素である細胞が、

その正常な機能を維持するには

“ダメージ”が必要ということである。

 

ではそのダメージとはいったい何か?

 

もちろん、、“運動”である。

 

一見細胞にはダメージを与えるように

思える運動が、

細胞の機能を保ち、

老化のぺースを遅らせる根拠が

まさにこのホルミシス効果にあるのだ。

 

だから、

バランスのとれた食事、

バリエーション豊富なサプリメント、

高級エステの機械やマッサージ、

良質な睡眠や人間関係、

これらも健康維持には重要だが、

はっきりいってアンチエイジングにはならない。

 

裕福で満たされた環境で

ぬくぬく生活しているだけでは、

私たちはどんどん老化する。

 

運動を死ぬまで継続しなければ

細胞は劣化し、機能不全を起こし、

身体は不健康になるのだ。

(この事実が前章の“過酷な環境であるほど寿命が延びる”ことの証明になるこことにも気が付いてもらいたい)

▢ 運動の条件と継続する戦略

さてここまでの内容で、

身体にはなぜ運動が必要なのか?

運動がどのように身体を健康にするのか?

これらの問いかけにについて

正しく理解できたはずだ。

 

では最後に、

運動、運動といっても

いったい何をやればいいのか?

という疑問にお答えしておこう。

 

ここでいう運動の理想の条件は

以下の3つを満たしていればよい。

 

①心拍数がそこそこ上がる

②ダイナミックな動きを伴っている

③動きの種類が豊富である

 

以上。

 

②と③を満たすのが難しければ

(本当は②と③を満たすほど心拍数も上がりやすい)、

心拍数が上がる運動であれば

ひとまずは良しとする。

(速足のウォーキングでも動きのダイナミックさやバリエーションはないが、心拍数は120前後にはなるだろう)

 

したがって、

ストレッチや軽めのヨガは含まない。

(もちろんこれはストレッチやヨガの健康への効果を否定するものではなく、ホルミシス効果(ダメージが必要だったのを思い出して!)を出す為の運動の条件である)

 

そして運動時間は

週合計で90分~150分を目指そう。

 

30分間の運動を週3~5回と考えると

かなりハードルは高いかもしれないが、

将来やりたいことを

制限なくやれる時間を延長できると考えれば

それもそこまで苦ではないだろう。

 

いや、、

そもそも運動をすることを

“苦”と考えること自体避けるべきだ。

 

運動でも、その他の習慣でも

長期間にわたって継続するには、

そのことを日々の楽しみに位置付けなくて

うまくいかない。

 

何か運動の中に

楽しめる要素を追加しよう。

 

ダンスやキックボクシングやテニスなど、

スポーツに熱中することはその助けになる。

 

もしくは

誰か仲の良い友人や恋人、パートナーと

一緒に運動する約束をするのも

継続するための良き戦略の一つだ。

 

もちろん

信頼できるパーソナルトレーナーの

プライベートジムに、

毎週予約を入れておくことも

運動を継続するモチベーションになる。


【神尾のパーソナルトレーニングの予約はこちら】

⇩ ⇩ ⇩

G.tail二子玉川ホームページへ


まあ、、

兎にも角にも、

何はともあれ、

有無を言わずに、

運動、運動、運動、そして運動をしよう!

 

運動を習慣的に継続することには

あなたの人生を確実に豊かにするはずだ。

 

そう、私は確信している。

 

※もちろん運動もやり過ぎは禁物。運動をしたらしっかり休息と栄養をとることも同じくらい重要である!

▢エピローグ~人類のジレンマ~

おそらく、

私はいつか死ぬだろう。

(あと50年以内に不老不死の技術が開発されるのではないかと、少しばかり期待しているし、そう期待できる根拠も持っている)

 

そして

死の後は無限に広がる

“無”が待っているだけだ。

 

魂?生まれ変わり?死後の世界??

 

これらは

「闇に怯える裸のサルが、

自分たちのなぐさめにひねり出した

フィクションに過ぎない」と

ジェイミー・デイヴィス氏が言ったことに

私は共感している。

 

だが老化した末に死ぬことが

自然が選択してきたシステムなら、

私たちはそれを受け入れるべきなのだろう。

 

なぜなら

私たち人間(ホモサピエンス)だって、

地球(ガイア)と繋がっている

すべての生物の一部に過ぎないのだから。

(人類は特別だなんて思い上がるのはいい加減やめにしよう)

 

したがって私たちは

もう一度深く考え直さなければ

いけないのかもしれない。

 

寿命を引き延ばし、

人口を爆発させ、

一人ひとりの幸せを最大化する取り組みと、

その利己的な取り組みが

生態系や自然環境に及ぼす悪影響とが

衝突するジレンマを。

 

日々の一つ一つの選択が

あなたの未来の美と健康を

形作るのと同じように、

私たち一人ひとりの振る舞い方が

未来の地球と人類の関係性を

形作るのである。



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me




【神尾健太のパーソナルトレーニングはこちら】

⇩ ⇩ ⇩

G.tail二子玉川ホームページへ

【G.tailトレーニングをInstagramで配信中】

⇩ ⇩ ⇩

公式インスタグラムへ

【セミナー/講演会/執筆/メディア出演】

※各種依頼はこちらからお願いします※

⇩ ⇩ ⇩

お問い合わせフォームへ



【神尾健太が展開するファッションブランド】

下矢印 下矢印 下矢印

公式オンラインショップへ



【神尾健太がMCを務めるYouTube番組】

健康討論バラエティ

GODTALE~神のみぞ知るお話し~

!毎週日曜21時前後に配信中!

下矢印 下矢印 下矢印

YouTubeで視聴する



プライベート・ダイエットジム

【G.tail – Body & Life design -】

右矢印公式HPはこちらから左矢印

ポスト世田谷区玉川3-29-14

ランニング二子玉川駅徒歩約5分

電話090-5879-0630

10年20年先も

美しく健康的でいたいと心から望み

一度手にした理想を

一生モノにしたいと本気で願う人の為に

『初回体験受付中!!』

¥6480円/120分

星お気軽にお問い合わせください星

⇩ ⇩ ⇩

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 美姿勢についてとことん掘り下げた結果行き着いたのは?~姿勢改善の3つの階層~

  2. 人間関係で傷つくと肩こりの痛みは増幅する~感情的な痛みと身体的な痛みの関係~

  3. この先ずっと美しく健康でいたいならダイエットを止めなさい!~第二の選択肢の提案~

  4. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

  5. トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

  6. 猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??

  7. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  8. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(後編)~じっとしてると体に悪いわけ~

  9. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP