ABOUT “BLDA”

この先ずっと美しく健康でいたいならダイエットを止めなさい!~第二の選択肢の提案~

“ダイエット”

 

このワードを耳にした時

あなたは何をイメージするだろうか?

 

おそらく3ヶ月間に渡る

厳しい食事制限と激しい運動を

何とかやり切って、

体重を劇的に減らすことを

思い浮かべるのではないだろうか?

 

間違いなく世の風潮は

ダイエットをこう定義するだろう。

 

ダイエットジムのTVコマーシャルや

ホームページの写真やブログ、

インスタグラムの投稿に、

そういった経験をした人の

ビフォーとアフターの写真が

これ見よがしに輝かしく並べられていれば

誰だってそう洗脳されるのも仕方ない。

 

では

このダイエットの定義を一旦受け入れたしよう。

 

その上で

私はこう主張したい。

 

この先ずっと美しく健康的でいたいなら、

そして

人生最後の日まで幸せでいたいと望むなら、

“ダイエット”は止めなさい!と。

 

ではその根拠を解説していく。



☆家トレメニュー配信サービス☆

【神トレON-LINE】

継続的に、習慣的に、かつ手軽に運動を!

~G.tailトレーニングをお家の中で~

下矢印 下矢印 下矢印

神トレON-LINEの詳細はこちら

▢ ダイエットによる洗脳

あなたが

いつの間にかパンツに乗っかった贅肉や

モモと一体化したお尻や、

体重計に表示される数字から

現実逃避し続けていた日々に

別れを告げると決意したとしよう。

 

さあダイエットの開始だ!

 

そこであなたは

手始めに何から手を着けるか考える。

 

運動と食事改善が必須なのは

何となくわかる。

 

でも

できれば効率的かつ効果的に痩せたい。

 

すると次の瞬間には

ネットで[ダイエット やり方]などと

検索することだろう。

 

検索結果にはSEO対策という

検索結果を上位に表示させるアルゴリズムに

最も対応している

企業やメディアのブログが表示される。

 

そして

このやり方で運動と食事をすれば、

これさえある期間食べ続ければ、

あるいはこの商品を飲めば

3ヶ月間でマイナス10キロを達成できます!

というお決まりのうたい文句とともに

お問い合わせページか会員登録画面に誘導される。

 

肝心の運動や食事のやり方は

だいたい書いてあることは一貫して同じで

大方の予想通りのことが書いてある。

 

消費カロリーと摂取カロリーの収支をマイナスへ!

糖質は控えめに!あるいは食べちゃダメ!

有酸素運動は30分以上!

筋トレをして基礎代謝をアップ!

日常生活動作でながらエクササイズしよう!

ストレスは溜めないように!

 

最近では

おにぎりを食べよう!や

きゅうりを食べよう!

が流行りなのだろうか。

 

とまあこんな感じだ。

 

ちなみにここで私が伝えたいのは

そこに書かれている情報が間違っているとか、

誇張されたウソであるとか

皮肉めいた批判ではないと強調したい。

 

というよりむしろ、

書いてあることのほとんどは

素晴らしい内容であるし、

非常に読みやすくもあり、

多分同じように実践すれば痩せられるだろう。

 

ここで私が警告を発したいのは

そこではない。

 

そこに書かれている内容によって、

無意識レベルに洗脳されている

ダイエットの定義が問題なのだ。

 

ではいったい何が問題だというのだろうか?

▢ ダイエットの定義の問題点①|期間

問題の一つ目は、

ダイエットにおける期間の定義である。

 

[ダイエット=短期間で]

 

この図式はかなり強固なような気がする。

 

なぜなら私のところにくるクライアントも

ほとんどがそう訴えてくるからだ。

 

だが短期間で劇的に痩せることを目指すと

それなりの代償を払う可能性が高い。

 

そう、リバウンドだ。

 

果たしてこれは本当なのだろうか?

 

まず研究ベースでみると、

過度な糖質制限で一時的に痩せても

その後に体重は徐々に戻ってしまうという

科学的根拠は存在する。

 

また生物学的なメカニズムと進化論を

詳しく知っている人なら、

その理由を理論的に説明することもできる。

 

こんな感じで。

 

1000年前、

私たちの一般的な祖先は朝目覚めると

毎日同じ心配をしていた。

 

『今日も食べる物には困らないだろうか?

 

豊作の去年は良かったが

今年は家族みんなが痩せ細ってきている。

 

これ以上痩せるのはまずいぞ。』

 

このことは

2千年前も2万前も20万年前も

それほど変わらなかった。

 

そしてそんな状況でも

あまり体重を減らさないように

代謝を節約できたり

脂肪を蓄積できる能力を持った人が

後世にその遺伝子を受け継ぎ、

摂取カロリーが減った分だけ

痩せてしまう人の遺伝子は

そこでおしまいになる。

 

私たちはそんな

体重が減り始めることにきちんと抵抗でき、

脂肪を蓄えておくのに長けていたおかげで

生きのびることができた人たちを

祖先に持っているのだ。

 

だから劇的に体重が減り始めると、

もっと脂肪を蓄えなければ!と

何十万年に渡る進化の記憶に従って

身体はリバウンドスイッチをオンにする。

 

したがって

ダイエットをしようと決意した瞬間に

2,3ヶ月後の成功をイメージさせる世の風潮は、

長期的にみると失敗に終わる場合が多いのだ。

▢ ダイエットの定義の問題点②|運動と食事

続いては

ダイエットの定義の

二つ目の問題点を指摘していこう。

 

こちらはダイエットとは切っても切れない

運動と食事についてだ。

 

運動習慣と食習慣の改善が

ダイエットに必須なことは誰もが納得だろう。

(たまに運動は必要ないという専門家もいるが、この先の内容を読めばその考えは論外だと気付くことになる)

 

しかしこの

[運動習慣&食習慣の改善=ダイエットの為]

という図式ははっきり言って間違っている。

 

運動習慣と食習慣の改善は

たかが目先のダイエット成功の為に

必要なのではない。

 

人生最後の日まで

健康で美しく、そして幸せでいるために

必要なのだ。

 

その根拠は山ほどある。

 

運動習慣がない痩せた人と

運動習慣がある太った人では、

運動習慣がない痩せた人の方が

痩せているにも関わらず病気のリスクは高いという

科学的根拠があるのをご存じだろうか。

 

また

うつ病、骨粗しょう症、アルツハイマー病など

様々な慢性疾患の予防に

運動が効果的なことは証明されてる。

 

さらに

脳内の栄養物質であるBDNFの分泌を促し、

脳の機能を改善することも知られているし、

細胞内のミトコンドリアという

エネルギー製造機関の量と質の向上に貢献し、

老化やがんの予防にもなることがわかっている。

 

その他

筋力の維持、血流・心臓の機能改善

睡眠の質の向上、ストレスケア

自己肯定感の増幅など、

運動をすることのメリットは

挙げ始めればキリがない。

 

食事だって

口に入れるモノの良し悪しで

自分の身体の良し悪しが決まると考えることに

違和感がある人はいないだろうし、

科学的にも証明できるはずだ。

 

だから

運動習慣や食習慣の改善を

ダイエットの為に一時的に行う義務に

位置付けてはいけない。

 

適切な運動と食事への取り組みは、

ダイエットを決意してこの記事を読み始めた人も

興味本位で読み始めた同業者の人も、

何も考えず暇つぶしに読み始めた人も、

今この瞬間に

この記事を読んでない残りの世界中全ての人も

一生かけて行うべき必須事項なのである。

▢ ダイエットに代わる第二の選択

さてここまでは、

短期間の結果にコミットし

短期間限定で運動と食事制限をする行いが

ダイエットという単語を定義しており、

こうった世の風潮に対して警告しなければいけない

私なりの根拠を解説してきた。

 

痩せたい!美しくなりたい!と

決意することは素晴らしい。

 

だがそう決意した瞬間には

何の疑いも持たず無意識的に

上記した定義のダイエットをイメージしてしまう。

 

もちろん3ヶ月後のウエディングに

痩せた姿でばっちり写真が撮れれば

それでOKという人はなんの問題もない。

 

でも将来の美と健康を見据えて

痩せたい人はどうする?

 

“ダイエット”は

始めない方がいいのではないだろうか?

 

|シナリオ①|

 

「3ヶ月間、

運動と食事改善を自分なりに頑張ってみたが

全然成果が見られない。

 

ダイエットは

3ヶ月間という短期間でやるものだから

私は失敗したんだと落胆する。

 

明日からは

こんな無駄なことはもうやめようと決意する。

 

運動と食事改善の価値は

一生に渡って消え失せる。」

 

|シナリオ②|

 

「痩せるためにと3ヶ月限定で

義務的に始めた運動と食事制限で

目標の体重まで減量成功。

 

しかし

その間のストレスと体のメカニズムで

1年後には元通りにリバウンド。

 

あんなきつい思いで頑張った

運動も食事制限も意味ないと割り切り

残りの人生で運動と食事制限をする意欲を失う。」

 

|シナリオ③|

 

「美しく健康的な人生をまっとうするために

運動と食事改善を始める。

 

3ヶ月経ったが

体重は1,2キロしか減っていない。

 

よし!いいペースだ!

 

これなら

リバウンドスイッチがオンにならずに済む

適切なスピードである。

 

また

少しづつ量と質を上げている運動も

何だか習慣になってきた。

 

新しくボルダリングでも始めてみよう。

 

そうすれば将来の美と健康に資すること

間違いなしだから。」

 

この3つのシナリオは少し極端かもしれない。

 

しかしあなたが

痩せたい!美しくなりたい!健康でいたい!

と決意した時に、

選択肢がダイエットしかないのはもったいない。

 

人生というスパンで考えれば

たった3ヶ月で成功か失敗かの判断を下すのは

愚の骨頂だろう。

 

そしてその結果、

運動と食事の価値が

過小評価されてしまうのはもっともったいない。

 

多くの人は

シナリオ③のような選択肢を

選べる余地があるのではないだろうか?

 

だから

この先ずっと美しく健康的でいたいなら

ダイエットはやめた方がいい。

 

そう私は思っている。

▢ エピローグ|幸せとは?

少し前までは

なるべく多量の情報を

素早く手に入れられる人が力を持っていた。

 

だが現在は真逆だ。

 

これだけネットやSNSが普及した世界では

情報を手に入れるのは誰にでもできる。

 

だから超情報化社会の現代では

なるべく無駄な情報を無視できる人が

力を持つと言えるだろう。

 

そしてそれに付随して

自分について詳しく知る必要性も増している。

 

自分はどういう人間で

何を望み、何を欲しているのか?

 

画一化されるその他大勢と比較して、

自分のユニークさとは何なのか?

 

その自問を繰り返した先に

ようやく人生の意味を見出せるのだ。

 

尚、

この記事内では“幸せ”というワードを

頻回に使用してきたが、

幸せについての定義はどうだろう?

 

私たちは

ダイエットの成功と失敗は評価できるが

幸せかどうかを客観的に評価する術を

まだ発見できていない。

 

それなのに私たちは

幸せになる為に

考え、行動し、努力する。

 

一時の間、幸せを感じても

その感情は束の間に消えていく。

 

過去の幸せな経験を思い出すだけで

この先ずっと満足できる人など

どこにもいないだろう。

 

だからまた幸せを追い求めて

終わらないサイクルを死ぬまで繰り返すのだ。

 

ゴールはない。

 

したがって私は

人生の道中を楽しんでいこうと思う。

 

結果はもちろん

プロセスにも深淵な意味を見出したい。



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■神尾健太のパーソナルセッションを

受けるにはこちらから

G.tailホームページへ


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ


YouTubeにて健康討論番組を配信中

ご視聴&チャンネル登録はこちら



 

関連記事

  1. 将来を見据えた身体作りの公式を発表!!~筋トレとストレッチでは不十分な理由~

  2. 猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??

  3. なぜ甘いモノは止められないの?~スイーツとうまく付き合う方法~

  4. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  5. ムカつく上司がヒップダウンを引き起こす原因に!?~食事制限と筋トレだけではダメな理由~

  6. 2歳の時の食習慣が将来の肥満に影響を与える!?~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(理論編)~

  7. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  8. ダイエット成功の命運を分かつ2つのアイデンティティ~あなたはサッカー的か?それとも野球的か?~

  9. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP