ABOUT “BLDA”

“神尾健太”自伝Vol.3~常識を疑うことの重要性とそのメリット~


“常識とは妄想であり

偏見のコレクションであり

凡人が仲良くするためのルールである”


 

私は常識に従うことが嫌いで、

他人が決めた枠にはまるつもりはない!

と、浅はかな戯言を言うつもりはない。

 

政府が価値あると宣言しただけの

ただの紙切れや金属の塊を

きちんと使って日々生活しているし、

(最近ではキャッシュレスを採用しているが)

 

どこの誰が何のために決めたのかもわからない

法という名のルールに従っているし、

納税の義務も果たしている。

 

今となっては時代遅れの教育システムも

十数年前に経験した。

 

好きなファッションブランドもあるし、

その為なら少し余計なお金も払っている。

 

だがこれらは全て

私たちの想像上の意味付けによって

成立している作り話しだ。

 

仮に今この瞬間に

世界中の人が一人残らず記憶喪失になったら

福沢諭吉の顔がプリントされた紙切れを

道で拾っても大喜びする人はいないだろうし、

ユニクロとグッチのT-シャツの価値の違いにも

気付かないだろう。

 

したがって私たちは

常識という作り話しに

支配されて生きているのである。

 

ここでは

常識とはいったい何なのかを検討していき、

常識とは何かを知ることで得られる価値について

私の考えを主張していく。


【健康討論バラエティ】

GOD TALE~神のみぞ知るお話し~

!YouTubeにて好評配信中!

⇩ ⇩ ⇩

tale.18【美魔女たちの主張】

エステや整形に依存しないために

~美とお金(前編)~

→ご視聴はこちらから←

チャンネル登録はこちらから

▢ 生物的な意味の創造

そもそも

この世の全ての事象に意味はないと言える。

 

音などない、

あるのは空気の振動だけだ。

 

色などない、

あるのは光の波長だけだ。

 

臭いや味などない、

あるのは化学的な分子だけだ。

 

感覚や感情などない、

あるのはニューロンと電気信号の相互作用だけだ。

 

安室奈美恵のノリのいい楽曲も

ポロック絵画のフラクタルな色彩も

母の作るハンバーグの奥深い香りと味も、

それらの刺激を受けた時の感動も、

自然の最高傑作である脳がなければ

ただの無味乾燥の物理現象である。

 

したがって脳が持つ進化的な意義とは

世界の現象(内部の世界も)に意味を見出すことが

主たるものと言えるのではないだろうか。

 

もしこのことが

あなたの考えや直感と相成れなかったとしても

世界中の科学者や専門家はこれを認めている。

 

ではなぜ40億年という長い進化的選択は

この過程をたどったのだろう?

 

何のために動物は脳を持つに至ったのだろうか?

 

この問いかけに対する答えは

常に普遍的で明白だ。

 

生存と繁殖のため。

 

この一点に尽きる。

 

私たちが受け取る全ての意味的経験は、

生存と繁殖の確率を高める方向に役立つように

脳が提示しているものを見ているに過ぎない。

 

そして私たちは

生存と繁殖の可能性が高くなる行為を行うと

あるいは予期すると、

快感という感覚を介してポジティブな意味を得る。

 

反対に

生存と繁殖の可能性が低くなる行為を行うと

苦痛とういう感覚を介してネガティブな意味を得る。

 

例えば空腹は苦痛という意味を持ち、

その感覚から逃れるために

私たちは食べ物を探すように促される。

 

そして冷蔵庫の保管してあった

好物のチョコレートを口にすると

快感というポジティブな意味を実感する。

 

よし!

これで生き残る可能性が高くなったではないか。

 

あるいは他の男性との競争に勝つことで

快感を経験することは、

女性に権力や健康を誇示できるという意味を持つ。

 

よし!

これで繁殖の可能性が高くなってではないか。

(だから男性は権力闘争が大好きですぐ比較したくなるし、女性は危険を顧みず勇敢なふるまいをする男性に憧れを抱くのだ)

 

このように私たち人間も含めたこの世の全有機体は、

快感を求めると同時に苦痛を避けるように

プログラミングされていると言えるだろう。

(人間以外にその自覚があるかどうかは別として)

 

そして

刺激の意味を快感に設定するのか

それとも苦痛に設定するのかのモノサシは、

生存と繁殖の損得関係の確率表に従って

決まっていると言える。

▢ 人間的な意味の創造

だが人間の場合はそこまで単純な話ではない。

 

なぜなら人間には

刺激から意味を生み出す過程の間に

認知という工程がが加わるからだ。

 

認知とは

思考したり、

記憶したり、

判断したり、

注意を向けたり

言語的に解釈したりする

脳の高次の機能である。

 

しかしここまでなら人間以外の動物でも

行っていることが現在わかっている。

(ゾウ、イルカ、類人猿など)

 

人間を人間にたらしめるのは

認知活動をする自分を認知する能力を手にしたことであり、

その結果、自己意識や自由意志、アイデンティティなどの

心的な機能をも有するようになったことであろう。

(人間以外の動物にこの能力があるかどうかはまだ解明に至っていない)

 

だから私たちは

客観的には同じ事象であるものに、

複数の意味を解釈できるようになり、

心を介した外側と内側は

オリジナルの意味で溢れかえるのだ。

 

そしてそれらはそれぞれの価値観を形成し

個人間でも集団間でも差異が生じ、

爆発的な多様性を生み出すに至る。

 

例えばとあるドレスが目の前にあったとして、

それをオシャレととるかダサいととるかは

一人ひとりで違うだろう。

 

あるいは

彼氏との甘酸っぱい思い出を感じるのか

苦い喧嘩の思い出を感じるのか

それとも何の感情も興味を引き起こさないのかで

全然違うだろう。

 

このように客観的には同じドレスに

複数の意味を見出すには、

そしてその情報を活用するには

認知を介した心の作用が必須だ。

 

だがこれだけでは私たち人類は

地球上の覇者には君臨できなかった。

 

ここまで多様性に富んだ個人個人をまとめるには

何か他の強力なツールが必要なはずだ。

 

そこで登場するのが非現実性を虚構する力、

つまり作り話しである。

 

想像上の意味的な虚構を共有することで

私たちは多くの集団で団結することが可能となり、

このことによって

全生命体の頂点に立つことができたと言えるのだ。

 

古代のローマやエジプトやトルコの権力者は

神が主役の宗教という作り話によって民をまとめ、

帝国を築いたと言われている。

 

まさにここでいう想像上の意味的な虚構のことこそ

現在でも私たちを知らず知らずのうちに支配している

常識の源泉である。

 

例えば

人を殺すのは良くないことだと考えるのは

当然であり常識であろう。

 

だがこの常識は

神に由来する聖書という作り話に従って生活をしてきた

過去の文化に根差す考え方を反映している。

(現在では人権という作り話に置き換えられているが)

 

実際は

人を殺すという現象を

客観的に善悪で証明することはできない。

(現代の価値観の基準は他人に嫌な思いをさせるのか善い思いをさせるのかを経験則から仮説を立てることによって行われている場合が多いだろう。したがって殺人は良くないと判断するのが当たり前だ。)

※この辺りの概念をきちんと知りたい方はユヴァル・ノア・ハラリ氏の著書を一読することをおすすめする

 

少し話は飛躍したかもしれないが要するに、

無意味な現象しかないリアルな世界では

常識も法律も伝統も宗教も文化的なモノは何であれ

全て妄想に過ぎないと言えるのであり、

私たちが経験する全てのことが

脳が編集した意味的な現象なのである。

▢ 常識とは妄想である

“神は妄想である”と

リチャードドーキンスが言ったように、

私は常識は妄想であると言いたい。

 

さらに

アインシュタインが言うように

常識とは偏見のコレクションであるし、

 

日向徹が言うように

常識とは凡人が仲良くする為のルールだと

考えることに私は一切の違和感を感じない。

 

では常識が単なる妄想であると自覚することで

いったい何のメリットがあるというのだろうか?

 

それは

あなたがこれから一生かけて行っていく

思考、判断、行動の選択肢が増えることにある。

 

女は男に劣る?

結婚したら一緒に住む?

歳が上ってだけで敬え?

社会人としてスーツにネクタイは礼儀?

美しくなる為には痩せなくては?

 

これらが正しいかどうかを

本当の意味で証明することなど

どんな権力者や科学者でもできない。

 

もちろん秩序を保つ為に

ある程度の規範となる制度は必要だろう。

 

しかしだからといって

過去から脈々と伝えられてきただけの

想像上の作り話に支配されて、

自分の思考や行動や判断の選択肢を

狭くする必要はないのでは?

 

常識とは何かを知ることで、

私たちは過去の呪縛から解放され、

より自由を得ることができるのだ。

(と同時に責任も発生するが)

 

さあ、

他人が押し付ける作られた意味(=常識)を

一度疑ってみよう!

 

常識だから。といって

思考を停止するのはもったいない!

 

そもそも意味のない人生だからこそ

より豊かな意味を自分自身で

拡張することができるのだ!

 

そう私は考えている。

▢ エピローグ

私の仕事は

ダイエットや姿勢改善や美脚など

美と健康を目指す人を指導する

パーソナルトレーナーである。

 

簡単に言えば“人体”の専門家だ。

 

筋肉や骨、神経に代謝

さらには栄養や遺伝子、腸内環境などの

知識を駆使してサービスを提供しているし、

人体への探究もまだまだ続けている。

 

しかし美と健康を望む人の理想を

本質的に達成させてあげたいのであれば、

“人体”の専門家では不可能だろう。

 

なぜなら、

美と健康は人体の構成要素を

組み立てただけでは成立しないからだ。

 

つまり真の美と健康には

感覚や感情、性格、信念、記憶などの

その人の意識的な心が関与している。

 

だから私のような美と健康の専門家は

“人体”とは?という探究に加えて、

“人間”とは?

という探究もするべきだと私は思う。

 

今回の記事は、

パーソナルトレーナーとして

“人間”を探究している過程で行き着いた

思想であるのは間違いない。

 

そしてこの考えは

次のような未来を

想起させるのではないだろうか?

 

この先のAI時代では、

人体のみの専門家は淘汰され、

人間の専門家が生き残る。

 

これが真実かどうかはわからない。

 

だが近い将来に、

この答え合わせが始まるまで

悠長に待ってる余裕はないはずだ。

 

知性を働かせよう!!

 

故に

私の知識への探求心が

この先止まることはないだろう。



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■神尾健太のパーソナルセッションを

受けるにはこちらから

G.tailホームページへ


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ


YouTubeにて健康討論番組を配信中

ご視聴&チャンネル登録はこちら



 

関連記事

  1. “ディスり”が世の中を変える!?~批判的・懐疑的思考の重要性~

  2. “神尾健太”自伝~いかにしてここまで自分に自信を持てるようになったのか~

  3. “神尾健太”自伝Vol.2~運命決定論的な視点に立つと見える最高の生き方~

  4. この記事は、名著[神は妄想である]を読んだ神尾の妄想である~プラセボとの決別~

  5. 革新的なアイデアを生み出す革新的な方法~未来の過去である現在を変える~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP