ABOUT “BLDA”

2歳の時の食習慣が将来の肥満に影響を与える!?~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(理論編)~

「私は太りやすい体質なんですかね?」

 

よく聞かれる質問だ。

 

これに関しては

そうかもしれないし

そうじゃないかもしれないとしか

答えられない。

 

現段階では。

 

確かに生まれつき決められている

遺伝子の配列の違いによって

個人間の代謝メカニズムに違いが生じることは

すでに証明されている。

 

だがたとえ

市販の遺伝子解析キッドを使ったとしても

わかるのはその体質のほんのわずかな傾向だけだ。

(どの研究を見比べても遺伝子配列が直接肥満に与える影響は10%以下)

 

またその他にも、

胎児期の母親の栄養状態やストレス状態、

普通分娩なのか帝王切開なのか、

母乳と哺乳瓶どちらで育ったか、

幼少期に深い心の傷を負った経験があるかなど

様々な後天的な環境(特に3歳までの)が

その後のエネルギー代謝の仕方を

恒久的に変えてしまうことも明らかにされている。

(専門用語でエピジェネティクスという)

 

結局のところ私たちは

私たちの身体(DNA)と環境との相互作用について

まだ何も分かっていないのも同然なのだ。

 

物理学者で最も有名なうちの一人である

ファインマンは言っている。

 

“量子力学を理解したと思っているのなら

それは量子力学を全く理解していない証である”

 

おそらく人体にも同じことが言えるだろう。

 

“人体を理解したと思っているのなら

それは人体を全く理解していない証”

なのだ。

 

そんな宇宙・自然・生命の

果てしない雄大さの前では、

人間など束の間の単なるシミでしかない!と

(↑アメコミ映画の主人公の名言を引用)

心地よい悲壮感に浸るのはこれくらいにして、

ここでは

最近明らかになった面白い話しをしていこう。

 

そう、

脳と食習慣と肥満のお話しである。


【健康討論バラエティ】

GOD TALE~神のみぞ知るお話し~

!YouTubeにて好評配信中!

⇩ ⇩ ⇩

tale.8 【知は力なり】

アンチエイジングしたければまずはこれ!

~老化(中編)~

→ご視聴はこちらから←


チャンネル登録はこちらから

▢ 肥満×脳×食習慣

まずは最近発表された

ある説をご紹介しよう。

 

私たちの2歳の時の食習慣が

20歳の食習慣に極めて大きな影響を

与えていることが分かったそうだ。

※2005年に対象者700名の大学生にたいして行われたトルコの研究など

 

もちろんこれには

脳が大きな役割を果たしていることに

疑いの余地はないだろう。

 

私たちの意識的に行う選択の全ては

最終的には脳内のシステムからもたらされる。

(もっとも最近の研究では、このシステムに腸と腸内の微生物が関わっていることが科学的に裏付けられている)

 

ここでもう一つ

重要な事実を思い出さなければならない。

 

あなたの体重の増減に影響を及ぼす要素のうち

最も大きな割合を占めるものは何だろうか?

 

運動習慣?

遺伝子?

ストレス?

睡眠時間?

自己肯定感?

 

もちろんこれらも大きな影響を及ぼすが、

これらを全て合わせても

体重に与える影響は全体の2割を

占めるにしか過ぎない。

 

では残りの8割は何だろうか?

 

もちろん“食習慣”である。

 

おおまかな予測値だが、

体重に影響する要素の約8割は

あなたが何をどの様に食べたかによって

決まることが研究によって示唆されている。

 

そして繰り返しになるが、

あなたが

何をどのように食べるかの選択と判断は、

2歳の時の食習慣が大きく影響しているのだ。

 

では具体的には

2歳までのどういった食習慣が

あなたを太らせることに繋がるのだろうか?

▢ 太りやすい脳の質とは

リーン・バーチ氏の研究によると、

将来の肥満に強く与える子供時代の食べさせ方には

3つの要素があると分かったそうだ。

 

1つ目は食べさせる回数が多すぎること。

 

理由は空腹感を学ぶ機会を失うからである。

 

2つ目は子供をなだめる手段として食べ物を使うこと。

 

そして最後は

泣き声の原因を全て空腹と解釈してしまうこと。

 

2つ目と3つ目は大人になった後でも

嫌な気分になったら食べればいいと、

子供に教えているようなものだ。

 

このように、

ストレスを強く感じた時に

甘いものや暴飲暴食に走ってしまう人は、

子供時代に刷り込まれた記憶をたよりに

脳内のシステムが作動し、

そう決断“させられている”と考えられる。

 

さて、

もしこれが事実だとしたら

あなたはおそらくこう思うだろう。

 

「私が甘いものを食べ過ぎて

なかなか痩せられないのはお母さんせい?」

 

残念ながらこれを否定することは

私にはできない。

 

なぜなら

人間にとって自然な食習慣を実践し、

健康的な身体を維持できるような

食べ方を学べることができるのは、

紛れもなく家庭の中だ。

 

だからといって

自分の両親や祖父母を非難することなど

できないだろう。

 

世間を見渡せば、

お菓子のパッケージには、

子どもたちが大好きなキャラクターが

プリントされ、

子供向けの番組のコマーシャルには

楽しみの象徴としてお菓子が宣伝され続けている。

 

そうやって毎日、

砂糖と脂肪を食べることが幸せだと学習している

子どもをなだめる手段に、

砂糖と脂肪を使いたくなるのは

忙しいママにとっては

最適な選択肢にならざるを得ないだろう。

(加工食品や嗜好品のほぼ全てに身体に害を及ぼす“砂糖”と“脂肪”が使われている)

 

事態は想像以上に複雑である。

 

私たちは、

私たちが太り出す原因を

私たちの手によって生み出しているのだ。

▢ プログラムを書き換える

だが過去の過ちを知ったところで、

もう一度人生をはじめから

やり直すことなどできない。

 

成人してからでも効果が見込める、

何かいい改善方法はないのだろうか?

 

もちろんその方法のいくつかを

私は知っている。

 

だがここで私が伝えるべきことは、

何をどのように食べるべきなのか?

ではない。

 

また始めるべきダイエット法は、

アトキンスダイエットなのか?

パレオダイエットなのか?

完全菜食主義なのか?

グルテンフリーなのか?を

解説することでもない。

 

痩せるために何をどのように食べるのかなんて、

もはや専門家でなくても知っているはずだ。

 

一応確認しておこう。

 

『最大限自然の状態に近い

植物性の食べ物を中心に、

多様性に富んだメニューを

最適な量と最適なタイミングで食べる』

 

以上!!

 

問題は

誰もが知っているこの健康的な食習慣を

なぜ継続的に実践できないのか?

であり、

継続するためには何が必要なのか?

を知ることではないだろうか。

 

そしてこの問いに対する答えは

一貫して得られている。

 

そう、

脳に保存されているデータを

新しい良質なプログラムに

書き換えることが必要なのだ!

 

では脳のプログラムを書き換えるためには

どういった方法があるのだろうか?

 

その具体的な方法は次の

実践編の記事で紹介する。

 

あなたの脳が健康的な振る舞いを

選択をできるようにする訓練に、

実はこれまでに何千年と実践されてきた

ある2つの伝統的な習慣が活用できるのだが

いったい…。

 

※実践編はこちらから

【痩せる脳に鍛えなおす2つの方法とは?!~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(実践編)~】



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■神尾健太のパーソナルセッションを

受けるにはこちらから

G.tailホームページへ


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ


YouTubeにて健康討論番組を配信中

ご視聴&チャンネル登録はこちら



 

関連記事

  1. リバウンドする人は離婚する確率も高い!?~ダイエットと結婚生活の共通点~

  2. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(前編)~リバウンドのメカニズムを解明する~

  3. トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

  4. 出産後に体型が戻らないママに共通するある理由とは!?~産前の骨盤矯正のすすめ~

  5. 経済第一主義の世の中でダイエットの問題が根本解決できない理由とは?~依存心を捨てよ!~

  6. ダイエット実践者のケーキ V S 既婚者の浮気~甘い誘惑と3大欲求との闘い~

  7. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  8. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  9. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP