ABOUT “BLDA”

“神尾健太”自伝Vol.2~運命決定論的な視点に立つと見える最高の生き方~


“全ての動きが常に相互に結びついているのなら

 

すなわち

決まった順序で古い物から新しいものが生じ

原子は決して因果関係という運命の絆による

永遠の結びつきを断ち切る逸脱した動きを

新たに開始しないのなら

 

地球上に存在する生命が持つ自由意志の源泉は

いったいどこに求められるのか?”

 

-Lucretius-


私は質問をされるのも、

あるいは質問を考えるのも大好きだ。

 

実は最も能力の高いトレーナーの条件は

クライアントにどれだけ質の高い

質問をできるかに

大きく掛かっていると私は考えている。

(でなければクライアントの質の高い気づきや思考を促すことはできず、結果的にその人の身体を根本的に改善することは不可能だろう)

 

ちなみに

今まで出会ってきた質問の中で

最も胸を躍らされる最高の質問が、

冒頭に紹介したルクレティウスのものである。

 

驚くべきことに、

ルクレティウスがこの質問を思いついたのは

紀元前一世紀頃。

 

日本には科学の科の字もなかった弥生時代に

この領域にたどり着いたことに

さらなる感銘を受けずにはいられないだろう。

 

そして現代科学をもってしても

この質問の正確な答えの根拠を

未だに証明できていない。

 

さて今回の記事では

私が約7,8年前には行き着いていた

人生観について話していく。

(専門学校時代の23,4歳の時期に、当時の同級生たちとの飲みの席でこの説を熱くプレゼンしたのを覚えている)

 

ルクレティウスが言うように、

もし本当に自由意志など存在せず

私たちの運命が決定している

という視点に立てたとすると、

人生はよりおもしろくなる!

というのがここでの私の主張だ。

▢ 受け入れられない運命決定論

「あなたの未来は決まっている」

 

これが事実だとしたら、

あなたはどう感じるだろうか?

 

「あなたが明日の朝

どの靴を選択するのかは、

宇宙が誕生したその瞬間からわかっている」

 

こんなことを聞いて

真に受ける人などいるのだろうか?

 

だが

ルクレティウスが言っているのは

そういうことだ。

 

それに多くの物理学者は、

この考えに賛成している。

 

先日亡くなった

ホーキング博士もそのうちの一人である。

 

しかし

運命が決まっているという考えは、

私たちの直観とは合いなれない。

 

受け入れるのなんて

ほぼ不可能だと思えるだろう。

 

私たちは誰もが、

昨日選んだ夕飯のメニューも

今日コーヒーではなく紅茶にしたのも

明日返信する予定のメールの内容も

全て自分の意志で選んでいるという認識に

確固たるものを持っているはずだ。

 

では

そもそも自由意志とは何なのだろうか?

▢ 自由意志とは?

運命が決定しているという視点に立つと

私たちには自由な意志などない

と、考える人がほとんどだろう。

 

つまり

自由意志=非決定性ということ。

 

この方程式に囚われると、

自由意志に関する議論は

なかなか先に進めなくなる。

 

だがここで自由意志について

別の解釈をしてみよう。

 

そもそも意思決定とは

遺伝子に組み込まれた情報と

五感から得られるあらゆる情報、

これに過去の記憶と未来への予測を織り込み、

脳内のニューロンやシナプスや化学物質が

凄まじい相互作用を繰り返した結果成される

一連の連鎖反応の帰結である。

 

そしてこの一連の反応の全てを

誰にも何にも邪魔されずに

自律的に実行することができれば、

それは純粋に

自由意志と呼べるのではないだろうか。

 

たとえこのことが、

究極的には物理法則から

逃れられないとしても。

 

さらに言えば、

人間には志向姿勢が

生得的に組み込まれている。

 

志向姿勢とは、

外界の現象に意図を見出す能力のこと。

(地震や雷雨を誰かが犯した過ちの天罰だと考えた文明時代の人や、靴紐が突然切れたら何か嫌なことが起きるのではないかと考えてしまうあなたのように)

 

高度な社会的階層を形成し

さらにそれを維持するには、

相手の意図を予想して行動するのが

進化的にみれば有用なのは明白だろう。

 

だから

自分の起こした行動も

自分の意志で選択したと考えるよう

初めからインプットされていると

考えることもできる。

(このことは実験によって証明されていて、脳内のインタープリター・システムという)

 

以上のことをまとめると、

自由意志=非決定性ではなく、

自由意志=自律性という

正しい方程式が見えてくる。

 

すると

私たちの運命は決まっているという

事実を完璧に受け入れながらも、

自由意思は存在すると表現することに

違和感は感じなくなるのだ。

 

▢ 運命決定論的な視点に立つ

といっても

納得できないのは十分承知している。

(これまでの世界的な科学者ですら満足のいく説明ができていないのに、私がみなさんを納得させられるはずがない。w)

 

だが今回の記事の主題は

そこではない。

 

もし仮に、

運命が本当に決定しているという

視点に立つことができれば、

人生をもっと楽しめるのではないか?

という提案をしたいのだ。

 

説明しよう。

 

あなたには、

過去に起きたことを

後悔したことはあるだろうか?

 

イエス。

 

あるいは、

未来のことを

不安に思ったことはあるだろうか?

 

イエス。

 

どちらもうまく生きていくためには

必要な反応だ。

 

しかし、

過去への後悔と未来への不安ばかりで

先に進めなくなっている人を

私は何人も見てきた。

 

「あの時

この人ではなくあの人を選んでおけば

私の人生はもっと幸せだったはずなのに!」

 

「どうせ私の人生なんてお先真っ暗よ。。」

 

さてここで、

運命決定論的な視点に立っている人は

どう考えるのか見てみよう。

 

「あの時

この人ではなくあの人を選んでおけば

多分違った人生だったはずだけど

そんなこと考えても仕方がない。

今の現状に完璧に満足はできていないけれど、

未来の私は必ず幸せな人生を歩んでいるはずよ。

そうに決まってる!

だから今できることを最大限頑張るわ!!」

 

そう、未来が決まっているのなら、

後悔と不安は無駄以外の何物でもない。

 

そして

“今”に最善のエネルギーを注げるではないか!

 

これが運命決定論的な視点に立った人が

到達できる真髄だ。

 

しかし

ここで一つコツがある。

 

未来が決まっているのなら

何をしても無駄ではないか!?と

無力感を決して持たないことだ。

 

今にベストを尽くしたその先に、

自分が望む未来が待っていると

自分自身を信じ抜く力。

 

これを持てるかがどうかが、

勝負の分かれ目となる。

 

したがって、

未来が決まっているという証拠が

この先研究によって

証明されるかどうかもわからないが、

(私はされると確信しているが)

 

運命は決まってる!という視点で

自分の人生を解釈していくことは、

上手に生きるための何よりの要素だと

私は考えている。

▢ まとめ

こうやって振り返ってみると、

この考えにたどり着いた7,8年前から

私は後悔をしたことがない。

(その当時は運命が決まっているという根拠の部分は全く薄いものだったが)

 

本当に。

 

もちろん短期的に落ち込むことはある。

 

しかし短期的な落ち込みは、

脳の扁桃体から闘争-逃走反応、

HPAシステムに続く

ホルモン応答の結果がもたらす、

いたって正常で必要な学習機能だ。

(このことを理解しておくことも、ストレスマネジメントにとっては重要だろう)

 

だから

2,3日で正常モードに復帰する。

 

そして私には、

自分の未来が素晴らしいもので

満ち溢れているという、

全く根拠のない確信もある。

(現状でも人生幸せ度ランキングなるものがあれば、世界ランクで100位以内に入ってる自信もあるw)

 

だがその幸せな未来は

待っていれば勝手にやってくるものではなく、

今できる最善の努力をした結果の先にある

という認識だ。

 

つまり私は今、

誰よりも努力している自負があるし、

やりたいようにしかやっていない。

 

そうなれば

人生は最高に面白い!

 

、、のでは??

 

まあ何にしても、

この世の全ての現象に意味はないし、

自然や宇宙は私たちに完全に無関心だし、

どう解釈するかはあなた次第である。

 

この記事だって所詮、

若干30歳の未熟者の戯言だ。

 

自由に、そして気楽に生きよう!

 

どうせ最高の運命が

待ち受けているのだから。



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ



関連記事

  1. 革新的なアイデアを生み出す革新的な方法~未来の過去である現在を変える~

  2. “ディスり”が世の中を変える!?~批判的・懐疑的思考の重要性~

  3. “神尾健太”自伝~いかにしてここまで自分に自信を持てるようになったのか~

  4. この記事は、名著[神は妄想である]を読んだ神尾の妄想である~プラセボとの決別~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP