ABOUT “BLDA”

美姿勢についてとことん掘り下げた結果行き着いたのは?~姿勢改善の3つの階層~

皆さんは、

「インセプション」という映画を

知っているだろうか?

 

監督は私がこよなく愛する

クリストファー・ノーラン監督。

 

内容は本編を見ることをお勧めするが、

この映画では、

脳内の無意識の領域に潜入していき

ターゲットとなる人物の

思考と行動を操作するのがテーマのSF映画だ。

 

主演のレオナルドディカプリオは

目的を達成するために、

脳内の無意識レベルを

3階層目まで進まなくてはならない。

 

階層を成して複雑に絡み合う脳内での展開と

科学的な要素も組み込まれた愛の物語。

 

まだ見たことない人は是非。

 

さてこの記事で私はディカプリオのごとく、

姿勢改善の為の方法について

3つの階層まで掘り下げようと思っている。

 

第1階層目は筋・骨格系、

第2階層目は脳・神経・感覚系、

第3階層目は進化と文化。

 

読み終えたあなたの思考と行動が

良い方向に変化するのを狙って。

 

ではまずは、最も表層にあたる

筋・骨格系からスタートしよう。

▢ 第1階層 筋・骨格系

初めにお伝えしておく。

 

ピンっと背筋が伸びた

美しい姿勢を維持するために、

筋力はあまり必要ない。

 

あまりと言ったのは、

姿勢維持に必要な筋力は

最大の10%程度でいいと

言われているからである。

 

このことは、

生後12カ月で直立し始める

赤ちゃんを見ればおわかりいただけるだろう。

 

体幹トレーニングで

筋力を鍛える必要などないのだ。

(体幹トレーニングの最も有意義な効果は、適切な身体の使い方の再学習である)

 

したがって、

肩首がガチガチに力んだ状態や、

表情がくしゃくしゃになってやる

体幹トレーニングは、

はっきり言って姿勢改善には繋がらない。

 

では

姿勢を維持するには何が必要なのだろう?

 

答えは、

体幹部の均一した空気圧である!

と言ったら納得してもらえるだろうか。

 

要するに適切な呼吸だ。

 

私たちの身体は、

適切な呼吸による空気圧によって、

楽に姿勢を維持できるようにできている。

 

そして

適切な呼吸を行う為には、

肋骨と骨盤の正しいポジションが必須。

 

なぜなら

肋骨と骨盤に開きがあったり歪みがあれば、

呼吸から得られるはずの“均一した”空気圧の

恩恵を受けることができないからだ。

 

かくして私たちパーソナルトレーナーは、

呼吸と骨格のポジションを評価して、

改善すべきターゲットの筋肉を

横隔膜や腹横筋、ハムストリングに。

 

あるいは骨格であれば

肋骨と骨盤に定め、

不良姿勢を改善しようと試みるのである。

 

しかしこれでは、

全体のほんの一部分しか見ていない。

 

あなたは

空の飛び方を知りたいのに、

鳥の翼を一生懸命調べるだろうか?

 

それでは空の飛び方は一生理解できない。

 

理解するためには

階層をもう一段階深く進む必要がある。

▢ 第2階層 脳・神経・感覚系

もし空を飛ぶ方法を知りたければ、

鳥がどのように翼を扱っているのかを

調べなければいけない。

 

それは人間にも当てはまる。

 

なぜなら

私たちの全ての動作(呼吸も姿勢も)は

感覚から得られた情報を脳がキャッチして

そこで作成されたプログラムを基に

実行されているからだ。

 

したがって

姿勢改善でまず必要なのは、

自分の身体の声を正確に聞くことができるよう

感覚を研ぎ澄ますこと。

 

それと

脳でイメージした動きを正確に実行できるように、

運動神経のコントロール能力を鋭く磨くことである。

 

こういった

脳・神経・感覚系が司る身体マップに乏しい人は、

立ったり座ったりしているだけで

筋肉が過度に緊張してしまう。

 

美しい姿勢とは、

安定しているのと同時に

いい意味で脱力できていなければいけない。

 

この定義から鑑みれば、

常に過緊張状態に陥っている人が

どんなにエクササイズを行っても、

美しい姿勢を手に入れることはできないだろう。

 

筋・骨格系に目を向ける以前に、

自己の身体マップを敏感に感じ取れる感覚を養い、

リラックスできる状態を

取り戻さなければいけないのだ。

 

パベル・コラー氏が言うように

『筋肉より脳を鍛えよ』であり、

古代ギリシャの格言のように

『汝自身を知れ』である。

 

しかし冒頭でも紹介したように、

ここで終わりではない。

 

姿勢の問題を根本的に解決するには、

もう一段、階層を下げる必要がある。

 

そもそもなぜ私たちは、

過度に緊張した状態で

日々過ごしているのだろうか?

 

姿勢が悪くなる究極の原因は何だろうか?

▢ 第3階層 進化と文化

地球上に存在する、

いや、絶滅した種も含め

全ての生命体は、

生存と繁殖の確率を最大限高めるよう

生息する環境に合わせて己を進化させてきた。

 

最も適応した形質は残され、

適応できなかった形質は排除されて。

 

何十億年も前から脈々と。

 

これが

ダーウィン主義的自然淘汰だ。

 

もしもこの先、意識と記憶を

コンピューターにアップロードできるようになり

不老不死を手に入れる日が来れば、

人類はついに生命の領域を超えるだろう。

 

だがそんな日がやってくるまでは

どんなに賢い脳を持っていようと、

窓の外に咲く植物や

空を飛ぶ鳥に散歩している犬、

川で釣った魚に腸内にいる細菌と

私たちの基本原則は何も変わらない。

 

では人類は、

約600万年という月日を通して

いったいどういった環境に

適応してきたのだろう?

 

正確にはなかなか答えられないが、

現代の生活とはかけ離れているということは

ほぼ確実に言えるはずだ。

 

人類は、

狭い空間で長時間椅子に座って

近くのディスプレイを見続ける生活を

毎日繰り返すようには進化してこなかった。

 

こういった進化と文化のミスマッチが、

現代人の身体を蝕まないはずがない。

 

これを21世紀病、

あるいは慢性的現代病と呼ぶ。

 

そして21世紀病の上位に、

不良姿勢がランクインするのに

異論を唱える専門家はもはやいないだろう。

 

したがって、

姿勢を悪化させる究極の原因はここ、

最も深い3つ目の階層である

進化と文化のミスマッチに依拠しているのだ。

 

姿勢を改善しようと試みた場合に、

筋・骨格系や脳・神経・感覚系にしか

アプローチせず、

進化と文化の問題を無視して満足するのは、

 

外壁や内装はオシャレに造られているのに、

内部の骨組みや設計は雑に行われた

不良物件のごとく、

 

幸せな未来は待っていない。

 

人間にとって自然ではない習慣は何か?

 

この答えの先に、

本物の美姿勢を獲得する方法が

眠っているはずなのだ。

▢ まとめ

さて今回の記事では、

美姿勢の獲得法を探り

より最深部まで掘り進めてきた。

 

そこで見つかったのは、

私たちの本質であり、

“ヒト”としての在り方だった。

 

そしてもうお気づきだとは思うが、

この話は姿勢に限ったことではない。

 

健康的で美しい未来を手に入れるには、

今をどう行動するかにかかっている。

 

それを選択するのはあなた自身だ。

 

未来の過去である現在を変えよう!

 

しかし、

いつか私が本を出版した暁には、

クリストファーノーラン監督みたいに

読者を引き込む巧妙な仕掛けを駆使した

内容に仕上げたいものだ。



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ



関連記事

  1. 長年の腰痛と決別するために体幹トレーニングをしよう!は半分“ウソ”?!

  2. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  3. トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

  4. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~

  5. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  6. ムカつく上司がヒップダウンを引き起こす原因に!?~食事制限と筋トレだけではダメな理由~

  7. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  8. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

  9. 骨盤の歪みの正体とは?その影響って何??~左右非対称性の真実を紐解く~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP