ABOUT “BLDA”

現代人がエクササイズを始める前に必ずしなければいけないコト~安定と弛緩の両立~

今この瞬間に生まれた子どもは、

おそらく車の運転をすることは

生涯で一度もないだろう。

 

今の私たち世代の生活と

その孫の世代が迎えるであろう未来の生活を

原始時代の生活と比較した場合、

私たちは孫との共通点より

原始人との共通点の方が

多いのではないかと言われている。

 

そんな便利で先進的で激動の時代に

自分という意識を持って存在していることに、

言葉では言い表せないほどの喜びを

私はいつも感じている。

 

だが、

そんな先進的な時代を生きる現代人は

過去にはなかった問題に直面している。

 

それは死には直結しないが、

今や子どもの世代にも蔓延している。

 

そう、慢性的現代病だ。

 

慢性的現代病を改善、予防するために

運動やエクササイズが有効なのは

誰もが知っているだろう。

 

多くの人が

駆り立てられるように実践している。

 

ここでは現代人が、

運動やエクササイズの成果を効果的に出せるよう

それらに取り組む前に整えておくべき

身体の状態について解説していく。

 

現在、

筋トレやジム通いをしている人は必見だ。

▢ 現代人と原始人

ところで

現代人と原始人とでは何が違うのだろうか?

 

身体の作りは同じだ。

 

遺伝的な変化はほぼない。

(アミラーゼやラクターゼなどの消化酵素にはここ何千年で変化があったと言われているなど、遺伝的な変化が全くないわけではない)

 

しかし周りの環境は

全てが違うと言っていいだろう。

 

毎日活発に身体を動かしていたのに

狭い空間で長時間椅子に座るようになった。

 

自然と触れ合うことは少なくなり、

コンクリートジャングルを彷徨っている。

 

ダイナミックで多種多様な動きはしなくなり、

縮こまった状態で偏った動きを繰り返している。

 

遠くを見渡す機会はほとんどなく、

目の前のPC、スマホ、テレビを凝視し続ける。

 

新鮮で本物の食材をおいしそうに食べていたのに

それでは満足できない身体と脳になってしまった。

 

超加工食品やジャンクフード、スイーツの誘惑が

町のいたるところに漂い、

大人も子供もその誘惑からの抗い方を

未だに獲得できていない。

 

足が痛くても革靴やハイヒールを履き、

馬が合わない上司や同僚のいる会社へ行き、

昨日とほぼ同じ業務をこなすのだ。

 

ではここで質問したい。

 

果たして人体は、

サバンナでの過酷な生活環境と

現代の裕福で便利な生活環境の

どちらに順応しているのだろうか?

 

もちろん、

私たちの脳は今でも

サバンナで生活していると思っているし、

身体もサバンナでの生活に適応している。

▢ 進化と文化のミスマッチ

とはいえ

今からみんなで原始時代のような

過酷な生活に戻るのは不可能だし、

やめた方がいい。

(私は絶対に嫌だ!w)

 

問題なのは、

便利で裕福になった現代の生活が

どういった良くない副作用を

引き起こしているのかを知らないことである。

 

では、

良くない副作用とは何だろうか?

 

この答えは明確で、以下のようになる。

 

1.過緊張状態の慢性化

2.ストレス反応の長期化

3.交感神経の優位固定

 

平たく言えば、

現代人はほぼ全員が緊張し過ぎで、

リラックスできていないのだ。

 

いや、

それができない環境で

日々生活を送っているという方が正しい。

 

これを

『進化と文化のミスマッチ仮説』という。

 

そして重要なのは

進化と文化のミスマッチにより引き金を引かれた

様々な具体的症状だろう。

 

肩、首、表情の筋肉は常に緊張し続け、

一方で意識的な筋力と体幹の機能は低下する。

 

呼吸は浅くなり、回数も多くなる。

 

結果的に不良姿勢やスタイルエラーを

助長するはずだ。

 

また、痛みをより強く感じるようになり

(脳内での痛みの過大評価)、

頭痛、めまい、倦怠感も引き起こすかもしれない。

 

さらに、

消化器官がうまく働くことができず、

消化吸収機能が低下する。

 

その他にもまだまだある。

 

では

こういった慢性的な過緊張状態に

固定された現代人が、

仕事帰りにそのままジムにいって

トレーニングやエクササイズを

効果的に行うことができるのだろうか?

 

肩首の筋肉は過剰に使用され、

反対に体幹はうまく使えず、

筋トレの時に使う筋肉は力が低下したままなのに?

▢ リラックス・ファースト

皆さんの想像通り、

このままでは効果的にエクササイズを

実践するのは難しそうだ。

 

しなやかで機能的に美しい身体を目指す場合は

なおさらだろう。

(短期間コミット型のストイックダイエットや、彫刻のような身体を目指すボディメイクが第一目的のエクササイズであれば話は別かもしれない)

 

最近ではインスタなどに投稿された動画で

本当によく目にするのだが、

肩は上がり、首はスジ張って、

表情はくちゃくちゃで、視点は固定された状態で

体幹トレーニングなるものを

やらされているモデルたち。

 

そのエクササイズは

何を目的に行っているのだろうか???

(もちろん、週一回パーソナルトレーニングを行っている!という事実が自信に繋がるだろうし、カロリーは消費するだろう。)

 

そこで、

私がお伝えしたいのは、

エクササイズやトレーニングを始める前に

“リラックス”しよう!ということである。

 

そうすることで、

エクササイズの効率性は上がる。

 

なぜそれだけで?と思うかもしれない。

 

実は、過緊張状態の人は

一度リラックスするだけで、

肩首などの姿勢筋の使用が抑制され、

体幹の筋群が活性化することが分かっている。

 

また、

意識的な筋力発揮(筋トレなど)の

能力も向上するし、

自分の身体への感覚にも鋭くなるのだ。

 

これでどう考えても

エクササイズに取り組む前に

リラックス状態に持っていった方が

いい成果は得られるのが容易にわかるはず。

 

で、次なる疑問は、

「じゃ、どうやって?」

▢ 目を閉じ仰向けで深呼吸

ここでは

誰にでも簡単にできる方法を紹介する。

 

ポイントは3つ。

 

1.仰向けに寝る

2.目を閉じる

3.深呼吸する

 

たったこれだけ。

 

仰向けがリラックスするのに良い理由は、

背中全体で地面を感じることができ、

そのおかげで脳が安心するからだ。

 

さらに、

目を閉じることで脳を休ませることができる。

(脳が使用するエネルギーの約3分の1は視覚系の処理に動員される)

 

特に、

1日中パソコンと向き合う仕事をしている人は

重要だろう。

 

呼吸はとにかく息を吐き切ることを意識しよう。

 

ただし、

息を吐くときに過度な力はいらない。

 

胸をなでおろすように力を抜けば、

自然と空気が口から出ていくのを感じれるはずだ。

(最後吐き切ろうとしたときに、少しだけ腹筋の奥の方を使うイメージ)

 

これで脳は安心感と休息間を得てリラックスでき、

息を吐くことで副交感神経にスイッチングできる。

 

ジムに行ってエクササイズを始める前に、

仰向けに寝て目を閉じ、

深呼吸を2~3分するだけで、

その成果が増強するのなら

試してみる価値はあるのではないだろうか。

▢ 安定と弛緩の両立

最後に、

ほとんどの人が勘違いしている

誤解に触れておこうと思う。

 

スタイルをキープしたり、

美しい姿勢を手に入れるためには、

身体を固めて体幹を安定させる必要がある。

 

これは“ウソ”だ。

 

『安定=頑張って固める』という等式は、

いい姿勢には当てはまらない。

 

機能的で美しい姿勢とは、

安定と弛緩が両立した状態である。

 

だから、

『弛緩=ダラッとする』という考えも、

消し去ろう。

 

安定しながらも

いい意味で力が抜けている。

 

このことがいい姿勢の定義と分かれば、

肩首、表情に力がメキメキと入った状態でやる

体幹トレーニングの無意味さが理解できるはずだ。

 

キーワードは

安定と弛緩の両立である。

▢ まとめ

あなたは

何のために運動をしているのだろうか?

 

私たちが健康を維持し続けるには

運動が絶対に必要であることは、

天才でなくてもわかる。

 

運動している太った人と

運動していない痩せた人では、

運動している太った人の方が

圧倒的に病気のリスクが低い。

 

だから、

何をどうやるかは二の次で、

とにかく体は動かした方がいいと、

こんな記事を書いているにも関わらず

私はそう考えている。

 

やり方が多少非効率的で不適切でも、

やらないよりは100倍いいだろう。

(過度にやり過ぎるのは考えものだが)

 

だが人間には、

他の動物には獲得できなった

素晴らしい頭脳がある。

 

せっかくだ。

 

最大効率で結果が出るよう、

適切な戦略をもって運動しよう。

 

その明晰な頭脳を使って。

 

そうすれば、

未来のあなたの身体にとって

本当に意味のある投資となるはずだ。

(その場限りの満足感にのみ時間とお金と労力を消費するだけでなく)



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ


関連記事

  1. 長年の腰痛と決別するために体幹トレーニングをしよう!は半分“ウソ”?!

  2. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~

  3. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  4. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  5. 骨盤の歪みの正体とは?その影響って何??~左右非対称性の真実を紐解く~

  6. 美姿勢についてとことん掘り下げた結果行き着いたのは?~姿勢改善の3つの階層~

  7. 猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??

  8. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  9. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

人気記事 BEST 20

PAGE TOP