ABOUT “BLDA”

なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

チャールズ・ダーウィンは

人体の設計に関わる神を排除した。

 

ガリレオ・ガリレイは

人間中心の宇宙観を否定した。

 

ワトソンとクリックは

生命に宿る“何か”などないと証明した。

 

ドーキンスやデネットやガザニガは

心に魂など存在しないと断言した。

 

時代は常に進化している。

 

今や、

私たち腸内に棲みつく何兆もの細菌たちの

驚くべき機能や役割が、

続々と理解され始めている。

 

これまで全く無視されてきたのが

信じられないくらいだ。

 

さて、

3章にわたってお伝えしてきたこの記事も

今回の解決編で最終章となる。

 

ここでは、

リバウンドをしない価値あるダイエットを

実現するためには絶対に欠かせない、

腸内細菌の種類を増やす方法を紹介する。


↓前編・後編をお読みでない方はこちら↓

【前編~リバウンドのメカニズムを解明する~】

【後編~ダイエット効果を上げ、リバウンドリスクを下げる方法~】



【健康討論バラエティ】

GOD TALE~神のみぞ知るお話し~

!YouTubeにて好評配信中!

⇩ ⇩ ⇩

tale.7 【謎の白馬登場!?】

加齢が引き起こす体内の変化

~老化(前編)~

→ご視聴はこちらから←


チャンネル登録はこちらから

→より詳しい内容・その他の回はこちらから←

▢ ここまでの論点の要約

前編と後編の記事で私は、

リバウンドしないように

ダイエットを成功する為の秘訣を、

たった2つに絞った。

 

一つ目は、

体重を減らすペースを早くし過ぎないこと。

 

脳にバレないように

ゆっくりと体重を減らすということだ。

 

「急がば回れ!」は、

ダイエット成功のための格言として

最もふさわしいと私は思う。

 

二つ目は、

腸内細菌の種類を豊富に保つことだ。

 

そうすれば後は

細菌たちが勝手にやってくれる。

 

つまり、

ダイエットをしたい!痩せたい!と

願う人たちは、

体脂肪の量や筋肉の量、毒素の排出などを

改善の指標に始めるのではなく、

 

『脳』と『腸』に

狙いを定めるべきなのだ!

 

脳と腸にとって適切な方法で

ダイエットを進めていけば、

あなたがリバウンドすることはない。

 

ところで上記した二つ目の秘訣、

腸内細菌の種類を豊富にするには

どうすればいいのだろうか?

 ▢ 運動と腸内細菌

ここでは

信頼できる研究によって示された方法を

2つご紹介する。

 

まずは

運動と腸内環境との関係性だ。

 

結論から言えば、

運動は腸内細菌の種類を増やす効果がある。

 

運動がどうやって腸内に影響を与えるか

不思議に思うだろう。

 

ところが運動は

免疫系の刺激を与え、

腸内細菌に化学シグナルを送ると

考えられているのだ。※1

 

そして、ラットを使った研究では、

回し車があるケージのラットは、

回し車がないラットに比べて、

(要は運動をするラットの方が)

腸内細菌が合成する酪酸が

2倍の量あったことがわかった。※2

 

詳しい解説はウィキペディアに譲るが、

腸内細菌が合成する酪酸は、

美と健康の為には欠かせない最重要物質だ。

 

さらに

ラグビーのアイルランド代表選手40人

年齢とBMIが同じアイルランド人23人

痩せたアイルランド人を比較した

決定的な実験結果がある。

 

その結果では

ラグビーのアイルランド代表選手の

腸内の細菌の多様性が圧倒的に高かった。

 

したがって

腸内細菌の多様性は運動量の高さと

正の相関があると結論できる。※3

 

つまり、

腸内の細菌の種類を増やすには、

食事の管理だけでは不十分だと言えるのだ。

 

やはり私たちの人体は、

活発に動くために設計されているのである。

 

※1:Viloria,M.,Immunol Invest(2011) Effect of moderate exercise on IgA levels and lymphocyte count in mouse intestine.

※2:Matsumoto,M.,Biosci,Biotechnol Biochem(2008)

※3:Clarke,S.F.,Gut(Dec 2014) Exercise and associated dietary extremes impact on gut microbial diversity

▢ 断食と腸内細菌

次に注目したいおすすめの方法は

“断食”だ。

 

アメリカとイギリスの大規模なプロジェクトが

腸内細菌に最も有益な食事パターンを調査した

2015年の研究によると、

 

断食を行ったグループの成績が最も良く、

腸内細菌の多様性が大幅に向上していた。

(特にアッカーマンシア属の増加)※4

 

断食と聞くと、

宗教的な慣習やヨガのスペシャリストを

想像するかもしれないが、

そこまでのものでなくていい。

 

断食道場にこもる必要もない。

 

一週間のうちどこか2日間

一日の摂取カロリーを

500~600キロカロリーに抑えるだけで

十分有益な効果が得られることが

わかっている。※5

 

この研究では2日となっているが、

難しければ1日でもいいだろう。

 

どちらにしてもまずは試してみて、

ある程度の期間で効果を自分で判断し

自分で試行錯誤を重ねていこうではないか

 

そして言うまでもないことだが、

毎日自分が口にする食材には

細心の意識を向けるべきだろう。

 

私たちの体は私たちが食べたもので

できている!と、

お決まりの文句を言いたいところだが、

ここにもう一つ付け加えなければならない。

 

私たちの体と、

私たちの腸内に棲みつく細菌たちは

私たちが食べたものでできている!と。

 

※4:Remely ,M.,Wien Klin Wchenschr(May 2015) Increased gut microbiota diversity and abundance of Faecalibacterium prusnizii and Akkermansia after fasting : a pilot study.

※5:Hanley,C.,FASEB Journal(Apr 2015) A Systematic Review of the Literature on Intermittent Fasting for Weight Manegement.

▢ まとめ

さて、

ここまで3章にわたってお伝えしてきた

ダイエットとリバウンドにまつわる

真実のお話は、

いよいよ終わりを迎えようとしている。

 

私たちはなぜこんなにも

リバウンドを繰り返すのか?

 

ダイエットが成功する人と失敗する人の

決定的な差は何なのか?

 

これらの理解を踏まえて、

リバウンドせずにダイエットを成功するには

どういった方法が最も効果的なのか?

 

何を改善すればいいのか?

 

おそらく、

ここまで読み進めてきた読者の方は

これらの問いに答える知識を

すでに身につけたはずだ。

 

あとは行動を起こそう。

 

行動を起こさなければ、

情熱は芽生えない。

 

だが

あえてここで立ち止まって

自分自身にもう一度尋ねてみてもらいたい。

 

果たして、

ダイエット成功が

あなたの人生の成功を意味するのだろうか?

 

理想の体重のその先に、

人生の幸せを

垣間見ることはできているだろうか?

 

答えが「イエス!」なら、

今すぐ立ち上がるべきだ。

 

そう願う人たちの為になら

全力を尽くしてあげたい。

 

そう、私は思っている。


↓前編・後編をお読みでない方はこちら↓

【前編~リバウンドのメカニズムを解明する~】

【後編~ダイエット効果を上げ、リバウンドリスクを下げる方法~】



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ



【セミナー情報】

脳-神経-感覚系アプローチによる

美姿勢&ファンクショナル動作の獲得

〜呼吸・筋力・骨格のポジションに影響する

脳-神経-感覚系を応用~

日時:2018.2.25,日曜日,11:00~18:00

対象:トレーナー・インストラクター・治療家・医療従事者など指導者

料金:¥8,900※NSCA継続単位:0.6付与申請中

場所:名古屋※地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩3分

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

♦♢詳細&お申込みはこちらから♢♦

https://www.facebook.com/events/1623762107643890/



 

関連記事

  1. 痩せられる脳を作り出す2つの方法とは?!~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(実践編)~

  2. ダイエット成功の命運を分かつ2つのアイデンティティ~あなたはサッカー的か?それとも野球的か?~

  3. 2歳の時の食習慣が将来の肥満に影響を与える!?~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(理論編)~

  4. ムカつく上司がヒップダウンを引き起こす原因に!?~食事制限と筋トレだけではダメな理由~

  5. 現代人がエクササイズを始める前に必ずしなければいけないコト~安定と弛緩の両立~

  6. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  7. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(前編)~リバウンドのメカニズムを解明する~

  8. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  9. ダイエットを受験勉強と同じやり方で始めるな!~管理・強制・説得の落とし穴~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP