ABOUT “BLDA”

なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(前編)~リバウンドのメカニズムを解明する~

一時的に痩せることは

理論的に言えば簡単だ。

 

強靭なメンタルを担保に、

食事の摂取量を極端に減らせばいい。

 

これで2ヶ月後のウエディングに、

痩せた姿でばっちり写真が撮れれば

満足という人もいるだろう。

 

しかしそんな記念日でもない限り、

ある一時点のみ痩せることに

果たして何か価値があるのだろうか?

(その極端なダイエット法は、見るも無残にリバウンドするとわかっているにも関わらず)

 

もちろん、

ダイエットを決意したその時に、

リバウンドすることを想定して

始める人はいないだろう。

(誰もがこれが人生最後のダイエットよ!と願って食事制限なり運動なりを始めるはずだ)

 

それなのになぜこうも

リバウンドを繰り返す人で

この世は溢れかえっているのだろうか?

 

今回はこの摩訶不思議な現状に

終止符を打ちたいと思っている。

 

そう、

リバウンドのメカニズムを

紐解いていこうではないか!

▢ モデルはモデル

と、先を急ぐ前に、

ダイエットを始める人がまず

念頭におかなければいけない大前提をお伝えする。

 

もし、

テレビ画面や雑誌に写る

モデルや女優みたいなスタイルを目標にするなら

並大抵ではない覚悟が必要だ!

ということ。

 

モデルや女優は、

その美しいスタイルや細さを維持することで

お金を稼ぐ。

 

そうではないその他大勢の人が、

それと同じモチベーションを保ち続けるのは

相当困難なはずだ。

 

脂肪をもっと蓄えたいという人体の本能に対して、

太ったら仕事がなくなるという

危機感を常に持ち続けるモデルたち以上に

強い覚悟でダイエットに挑める決意はできているだろうか?

 

また、

そういった美の基準となってる理想体重は、

動物的に言えば痩せすぎであることが分かっている。

 

つまり、

不健康なのだ。

(最も健康的だと言われるBMI値21~22の見た目では、現代の女性は納得しないだろう)

 

もちろん痩せた美しいスタイルでいれば、

ファッションも楽しめるし

他人からも褒められる機会が多いのも事実だろう。

 

そう望む人を私は全力で応援したいし

現に多くの人をサポートしている。

 

だが同時に、

自分の価値観をどこに置くのか考えることも

より重要ではないだろうか。

 

野原に咲く鮮やかな花たちが、

人間に褒められるようには

進化してこなかったのと同じで、

(花が色づいたのは、昆虫が目を進化させた後だとわかっており、昆虫たちの目を引くために花は色鮮やかに進化したのだ)

 

私たちの人体は、

現代のモデルのように細く痩せたスタイルを

簡単に維持できるようには

進化してこなかったのだ。

▢ スピードの出し過ぎは禁物

とはいえ、

最高の人生を送るためには、

自分の体型やスタイルに

自信を持ち続けることは必須である。

 

では、

今の不格好な体とは金輪際おさらばしたいと望む人が

これからとるべき最も効率的なダイエット法は

いったいどういった戦略なのだろうか?

 

答えの一つは、

「スピードを出し過ぎない」ことだ。

 

説明していこう。

 

慎重な条件設定により実施された対照臨床試験では、

約6週間の集中的なダイエットで

10%以上の減量をすると、

体が以前蓄積していた脂肪の量を回復しようとするので、

その分だけエネルギー消費量や代謝量が減少することが

確認されている。

 

しかも

その代謝の低下は

1日の総摂取カロリーの10%に

相当する場合もあるという。

(Ebbeling,C.B.,JAMA(27 Jun 2012) Effects of dietary composition on energy expenditure during weight-loss maintenance.)

 

こういったメカニズムが発動する理由は、

6週間という短期間のうちに体重が激減するため

脳が緊急事態だと認識するからだと考えられる。

 

原始時代、

体重の激減は食料不足を意味していた。

 

そんな危機的な状況でも生き残るには、

エネルギー代謝を節約するのが得策だったのだろう。

 

今ではそのありがたき戦略が、

リバウンドの原因になるのだが。

 

とにもかくにも、

車の運転もダイエットも

スピードの出し過ぎは禁物だ。

 

具体的には、

1カ月に1Kg以内くらいがちょうどいい。

(女性の場合、1カ月に1Kg減量しただけでも、その月に妊娠する能力が低下するとも言われている)

 

それでも短期間にコミットしたい場合は、

ダイエットする目的を慎重に検討しよう。

▢ ダイエットには不向きな私たち

こういった事実から、

私たち人間はダイエットに関して

不利な機能を備えていると言える。

 

体重が減り始めて、

体重計に乗るのが楽しみな時期に、

あなたの脳は太古からの経験を頼りに

緊急警報を発令している。

 

「まずい!食料が足りないみたいだぞ!

このままだと餓死するかもしれないから

エネルギー代謝を落として対応せよ!」

と。

 

ちなみにこのメカニズムの作用は、

低脂肪ダイエットの場合が最も大きく、

高タンパク低糖質のダイエット法が最も小さい

といことが研究で分かっている。

 

したがって、

テレビCMでお馴染みのダイエットジムで有名な

糖質抜きの食事制限のやり方は、

短期間に“のみ”コミットする場合は

合理的と言っていいだろう。

 

またこういったことから、

全ての脂肪を悪者にする風潮を

そろそろ改めた方がいい。

 

余分な脂肪をそぎ落とすためには、

良質な脂肪はむしろ摂った方がいいのだ。

(オメガ3系はもちろんのこと、オメガ6や飽和脂肪酸ですら健康効果が示されている。最もやめた方がいいのはトランス脂肪酸で満場一致だろう。)

▢ まとめ

ところで、

あなたが大事な用事で

急いで目的地に行きたい時に、

道が渋滞していたらイライラするだろうか?

 

そんな時は少しでも早くと思って、

車間距離をツメツメで

運転しているのではないだろうか?

 

実はこれは間違っている。

 

早く目的地に到着したければ、

車間距離は広く取った方がいい。

 

そうすれば交通渋滞は緩和される。

(ただし全員がこの認識のもと運転しなければ効果はないが)

 

それと全く同じで、

ダイエットをして将来的に

理想的な体を獲得したいと望むのなら、

急いで体重を減らさない方が得策なのだ。

 

脳に気づかれないようにそーっと、

でも着実にダイエットに取り組むのが

何よりの最重要ポイントである。

 

今回の記事では

そんなお話をしてきた。

 

さて、この記事の後編では、

ダイエットについてもう一つの

不思議な疑問にお答えしたい。

 

あの人が痩せたと豪語しているのと

同じダイエット法を実践しているのに、

なぜ私はなかなか成果が得られないのだろう?

 

何で私ばかりリバウンドするのか?


↓後編の記事はこちら↓

【なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(後編)~ダイエット効果を上げ、リバウンドリスクを下げる方法~】

 

↓解決編の記事はこちら↓

【なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~】



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ



【セミナー情報】

脳-神経-感覚系アプローチによる

美姿勢&ファンクショナル動作の獲得

〜呼吸・筋力・骨格のポジションに影響する

脳-神経-感覚系を応用~

日時:2018.2.25,日曜日,11:00~18:00

対象:トレーナー・インストラクター・治療家・医療従事者など指導者

料金:¥8,900※NSCA継続単位:0.6付与申請中

場所:名古屋※地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩3分

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

♦♢詳細&お申込みはこちらから♢♦

https://www.facebook.com/events/1623762107643890/



 

関連記事

  1. なぜ甘いモノは止められないの?~スイーツとうまく付き合う方法~

  2. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  3. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

  4. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

  5. トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

  6. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(後編)~ダイエット効果を上げ、リバウンドリスクを下げる方法…

  7. 経済第一主義の世の中でダイエットの問題が根本解決できない理由とは?~依存心を捨てよ!~

  8. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  9. リバウンドする人は離婚する確率も高い!?~ダイエットと結婚生活の共通点~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

人気記事 BEST 20

PAGE TOP