ABOUT “BLDA”

正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~


“If breathing it is not normalized,

no other movement pattern can be.”

― Karel Lewit ―


私たちは

この世に誕生した瞬間から去る瞬間まで

一度たりとも呼吸をやめない。

 

その回数は

1日に約22,000回、

1分間だと15回前後だ。

 

ではここで考えてみよう。

 

もし1回1回の呼吸のやり方が、

理想的でなかったら?

 

1日22,000回もの

吸って吐いてという“動作”が、

何年もの間ずっと異常なまま行われ続けたら

いったい私たちの体には

どのような悪影響があるのだろうか?

 

Karel Lewit氏が言うように、

「呼吸が理想的でなければ、

その他全ての問題(姿勢や歩き方など)は改善しない」

のである。

 

ここでは

そう断言できる理由と、

呼吸と姿勢の切っても切れない

蜜月な関係性について解説していく。

▢ 重大インシデントに認定

“1件の重大な事故の裏には

29件の軽微な事故と300件のニアミスがある”

 

これは『ハインリッヒの法則』といって

1931年に提唱されたものだ。

※Herbert Wilhelm Heinrich

 

また、

重大なアクシデントに行き着く前に

引き起こされていた問題や出来事を

インシデントという。

(ハインリッヒの法則でいう29件の軽微な事故はインシデントと解釈できる)

 

最近、

新幹線のぞみの台車に

亀裂が入っていたと話題になったことで、

耳にした人も多いのではないだろうか。

 

これは政府によって、

『重大インシデント』に認定された。

 

私は今回、

この概念を呼吸に当てはめようと

企てている。

 

つまり、

猫背、ストレートネック、O脚、骨盤の歪み

肩こり、腰痛、腱鞘炎、ヘルニア

肥満、ヒップダウン、バストダウン、下腹ポッコリ

などなどなど...

 

これらの体の問題を現在抱えている人は、

その問題に行き着く随分と前から

不適切な“呼吸”を繰り返していたと

考えられるのだ。

 

そういった意味で、

不適切な呼吸は

重大インシデントと認定して然るべきなのである。

 

ではなぜ呼吸なのだろうか?

 

どのようにして呼吸が、

そこまで多くの問題を引き起こすのだろう?

▢ インシデントとしての呼吸

この答えは複雑性の原理に当てはまる。

 

要するに、

様々な要素が相互に作用し合い、

さらに階層をなして絡み合うため

単一のストーリーに断定することはできない。

 

というか断定する意味がない。

(人体のほぼ全ての問題は、その問題を細かい要素に分解していけば単一の原因に行き着くという還元主義的な手法は通用しない。全体は個の総和を超える(=複雑性)ということだ。)

 

しかし、

このままではこの記事が終わってしまうので

不適切な呼吸が及ぼす悪影響のうち、

最も多くみられるパターンを紹介しよう。

 

まず注目したいのは、

全身何百種類とある筋肉の中で

最重要筋肉のうちの一つである

“横隔膜”についてだ。

 

横隔膜の重要な機能に呼吸があるのは

周知の事実だろう。

 

そしてもう一つの重要な機能に

腹圧を保つことによって

姿勢の維持するというものがある。

 

呼吸が乱れていると、

この横隔膜が正しく機能していないと

考えてもらっていい。

 

結果として

姿勢も悪くなり、骨盤も広がって歪む。

 

次に、不適切な呼吸は

肩と首と腰の筋肉を過剰に使うことを促す

という悪影響もある。

 

こちらは予想通り、

肩コリ首コリ、腰痛の原因になり得るだろう。

 

また、

呼吸をする度に肩の筋肉を過剰に使っていると、

首の筋肉が頭を支える役割を果たすことが

できなくなることが分かっている。

(専門的に解説すると、首の筋肉(斜角筋や肩甲挙筋など)が頭部を支える役割のことをワイヤーアクションと言い、この機能を発揮するには各筋の遠位側である肩側がフィックスポイントになる必要がある)

 

その状態が慢性化すればどうなるだろうか?

 

頭が前方に突き出しくるはずだ。

(=頭部前方位姿勢)

 

そしてそれが定着すると、

ストレートネックや頭痛、眼精疲労、二重あごの

原因となる。

 

このように、

不適切な呼吸がきっかけとなって引き起こされる

体の問題や悩みはまだまだ考えられる。

 

今あなたが、

この記事を読みながら行っている不適切な呼吸が

もしかすると将来の何かしらの重大な問題に繋がる

インシデントかもしれないのだ。

 

しかし、

たとえすでに重大な問題を引き起こしていたとしても

新幹線の事故とは違って

“時すでに遅し”ということはない。

(新幹線の事故なんて想像するのも恐ろしいくらいで、一度でも発生したら取り返しのつく生存者などいるのだろうか)

 

だが、

なるべくなら未然に予防策を講じておいた方が

どう考えても賢明だろう。

 

では、

呼吸を正しく行うには

どうすればいいのだろうか?

▢ 呼吸と姿勢の蜜月関係

理想的な正しい呼吸を行うには、

美しい姿勢が必要不可欠だ。

 

ん...?

 

この答えに違和感を感じた人は多いだろう。

 

先ほど私は、

不適切な呼吸は姿勢を悪くすると主張した。

(不適切な呼吸が原因)

 

今度は、

不良姿勢が不適切な呼吸を促すと主張している。

(上とは因果の方向が逆になり、不良姿勢が原因となっていることに注目)

 

いったいどういうことだろうか?

 

これはいわゆる、

“卵が先か、鶏が先か問題”である。

 

では説明していこう。

 

ここでの姿勢とは

骨格のポジションのことを指すことにする。

(アライメントともいう)

 

特に体幹部の骨格(骨盤、背骨、肋骨)が

正しいポジションにない場合(=不良姿勢)、

横隔膜と骨盤底筋群がうまく機能できなくなる。

 

横隔膜は先ほど出てきたキーマンだ。

 

骨盤底筋群は、

骨盤の底をふたしている

ハンモック状の筋肉たちとイメージしてもらえばいい。

 

主に膀胱などの内臓を支える役割を持つ。

(もちろんそれだけではない)

 

さらに横隔膜と骨盤底筋群は、

協力して活動することがわかっており、

腹横筋などのお腹周辺の筋肉も加わって

呼吸と姿勢の機能に大きく関わっているのだ。

 

そして、

前者は肋骨に、後者は文字通り骨盤に付着するので、

それらの骨格が異常なポジションなままでも

この2つの重要筋が適切に機能してくれると

考えるのは少々無理があるだろう。

 

以上を簡単にまとめると、

姿勢が悪いと正しい呼吸が行えなくて、

呼吸が不適切だと美しい姿勢が維持できない

ということになる。

 

呼吸と姿勢はいつだって大恋愛中なのだ!

まとめ

さて、最後に皆様には

残念なお知らせをしなければならない。

 

ここまで裕福で便利な先進的な世界において、

真の意味で理想的な呼吸をしている人は

ほぼいないのだ。

 

姿勢だって同じような状況だろう。

(もはや小学生や中学生などの子ども世代にすら蔓延している社会問題だ)

 

車、エスカレーター、冷蔵庫、電子レンジ

テレビ、パソコン、スマートフォン

加工食品、保存料、冷凍食品

徒歩圏内どこにでもあるコンビニや

さらには出前や宅配サービス...

 

現在私たち人類は、

私たち人類にしか進化させることができなかった

その賢い能力によって生み出してきた

あらゆる発明によって、

新しい重大な問題に直面している。

 

呼吸と姿勢の問題に対処したければ、

腹式呼吸とかヨガとか

骨盤の歪みとか姿勢矯正とかを語る前に、

 

もう一段階、階層を下げる必要がある。

 

この記事の後編では、

いま私たちを取り巻く環境やライフスタイルが

どのように呼吸を乱すのか解説していく。

 

もちろん今回示せなかった、

不適切な呼吸の改善法もお伝えするつもりだ。

 


↓後編の記事はこちらから↓

【正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~】



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ



【セミナー情報】

脳-神経-感覚系アプローチによる

美姿勢&ファンクショナル動作の獲得

〜呼吸・筋力・骨格のポジションに影響する

脳-神経-感覚系を応用~

日時:2018.2.25,日曜日,11:00~18:00

対象:トレーナー・インストラクター・治療家・医療従事者など指導者

料金:¥8,900※NSCA継続単位:0.6付与申請中

場所:名古屋※地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩3分

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

♦♢詳細&お申込みはこちらから♢♦

https://www.facebook.com/events/1623762107643890/



 

関連記事

  1. 猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??

  2. トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

  3. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  4. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

  5. ムカつく上司がヒップダウンを引き起こす原因に!?~食事制限と筋トレだけではダメな理由~

  6. 長年の腰痛と決別するために体幹トレーニングをしよう!は半分“ウソ”?!

  7. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  8. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

  9. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(後編)~じっとしてると体に悪いわけ~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP