ABOUT “BLDA”

出産後に体型が戻らないママに共通するある理由とは!?~産前の骨盤矯正のすすめ~

これまで私は、

産後の体型の問題に悩む

多くのママさんたちと向き合ってきた。

 

これには現在私が運営しているスタジオが

ママの町、二子玉川にあることと、

以前独立する前の職場が

産後の骨盤矯正を強みにした美容整体サロンというのも

その要因の一つだ。

 

また今年30歳を迎えた私の周辺では、

新しくママになる友人が

毎年のように誕生している。

(去年生まれた姪っ子に加え、来年はもう一人生まれる予定である。ちなみに私がパパになる予定は当分ない。。w)

 

そして思う。

 

ママが抱える

産後に変化する体型の悩みは根が深い。

 

ここでは、

産後の体型がなかなか改善しないママに共通する

ある理由とその予防策を紹介する。

 

もちろんすでに出産を経験したママに必要な

改善策も提供するつもりである。

▢ 骨盤矯正って必要?

出産したことがきっかけになり、

スタイルや姿勢が悪くなり

骨盤や背骨が歪んだという実感を持つ

ママは多いはずだ。

 

だが、

果たしてこれは事実なのだろうか?

 

産後すぐに

骨盤矯正やヨガを始めれば良かったと、

後悔する意味はあるのだろうか?

 

まずはこの思い込みから疑ってみよう。

 

そもそもこの地球上に存在する全ての生命体は

生存と繁殖が最大の目的だ。

 

私たちの体だって

その目的を達成できるように進化してきた。

 

であれば、

子どもを産むことは

種として成功する為に必ず必要な行為である。

 

だから、

出産によって致命的なダメージを負うのは

進化の過程を考えるとおかしい。

 

と言いたいところだが、

そう結論付けるのはさすがに乱暴すぎだろう。

 

だが昔は

生まれた赤ちゃんが生き残る確率が、

今の先進国とは比べ物にならないほど

低かったのは誰もが知っている。

 

したがって原始時代には、

女性の生涯出産回数は7,8回とも言われている。

(私の祖母の時代ですら子供の数が5,6人いるのはそんなに珍しくないだろう)

 

さてここで疑問が生じる。

 

産後の骨盤矯正や骨盤ベルトなどの

概念すら存在しなかった時代に、

7,8回もの出産を経験した私たちの祖先の体には

いったいどれほどのダメージがあったのだろうか?

 

実際、

この質問に正しく答えることは不可能だが、

そういった視点から行われた研究は

これまでにいくつもあるので紹介しよう。

▢ 出産が体に及ぼす影響(研究結果の紹介)

(この章は研究結果の紹介なので、次の章の考察までとばして読んでもらっても問題ありません。)

 

Damenら(2001年)によると、

骨盤周辺(腰痛を含む)の痛みを強く感じており

それに加えて

骨盤に左右の歪みがある女性では

 

産後に発生する身体の問題が、

解決しにくいとしている。

 

続いて、

2002年に7882人の産後女性を対象に行われた

追跡調査によると、

 

産後5年~7年の女性のうち44.6%が

多少の尿失禁を経験していた。

 

さらに産後6年以上経ってから、

尿失禁がみられるようになった女性が

31%もいたことがわかった。

※Wilsonら(2002年)

 

また、96名の女性を対象に行った研究では、

普通分娩(帝王切開でない)によって

骨盤底筋群が弱化することが示され、

その回復は2カ月たってもみられなかった。

※Allenら(1990年)

 

骨盤底筋群の弱化は

内臓下垂し下っ腹が出るのを促し、

姿勢の維持能力が低下するだろう。

 

そしてさらに重要なことは、

これらの問題(尿失禁)を抱えた女性に

骨盤底筋群を鍛えるトレーニングをした結果、

40%には改善がみられなかったとしている。

※Bo(1990年)

▢ 出産が体に及ぼす影響(考察)

これらの根拠を総合してまとめると、

確かに出産は

体に何かしらのダメージを与えると言える。

(特に骨盤の仙腸関節や恥骨結合、骨盤底筋群とその周辺組織、腹直筋とその周辺組織など)

 

しかし、

それはただの引き金にしかならない。

 

あなたのママ友の中には、

産前と産後で体型に変化がない人もいるだろう。

 

なぜ個人差が生じるのだろうか?

 

ここでは、

産後に問題が解決しない女性は、

普段の体の使い方に良くない癖を持っていたと

推測されていることに注目してほしい。

 

しかも、妊娠するずっと前から!

 

つまり、昔から

姿勢や歩き方や呼吸などのやり方が

適切でなかったことが原因で、

妊娠・出産による体へのダメージを

うまく回復させることができないということだ。

 

これは、

産後に骨盤底筋群の機能を回復させる

外科的な手術を受けた女性でも、

再手術が必要になる事例が多いことの根拠にもなる。

 

こういった外科手術には、

体の使い方などの全体的な戦略

(筋の発火パターンや遅延、その他の筋との協調性など)

を改善させる効果はないからである。

 

言ってみれば、

腰痛持ちのクライアントに、

腰や股関節の筋肉をほぐしただけで、

腰に余計な負担をかけている

その人の動きの癖に対処しないのと同じだ。

▢ 産前の骨盤矯正のすすめ

さて、ここまでの内容を

誤解を恐れずに簡単に言い表すと、

 

産後の骨盤の歪みの原因は、

産前の骨盤の歪みである。

 

そして出産は、

産前の骨盤の歪みの程度を

悪化させるきっかけになると言える。

 

私が“産前”の骨盤矯正をオススメする理由は

ここにある。

 

女性が産後の体型の問題に対処し始めるタイミングは、

早ければ早い方がいい。

 

たとえ、

妊娠・出産の予定があるないに関わらずだ。

 

そしてここまで読み進めてきたのなら、

すでにお気づきだとは思うが、

ここでの骨盤矯正が意味するのは、

カイロや美容整体の類ではない。

 

歩き方や姿勢、呼吸などの

あなたの脳に刻み込まれている

アンバランスな体の使い方の癖を改善することだ。


※歩き方や姿勢、呼吸などが適切でなくなるそもそもの原因を知りたい方はこちらの記事が参考になると思います

『猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??』


 

その為には、

ベッドに寝ているだけではなく、

エクササイズによって脳を使う必要があるのは

明白だろう。

 

もちろんこの原則は、

すでに出産を経験しているママさんにも

当てはまる。

 

産後だからもう遅いということはない。

 

重要なのは

骨盤矯正をするかどうかではなく、

産前から抱えていたはずの

根本の問題に対処するかどうかだ。

▢ まとめ

とはいえ、

育児をしながら

効果的なエクササイズを継続するのは

至難の業だろう。

 

時には癒しも必要である。

 

なので、

カイロや整体やエステが無意味だとは思わない。

 

むしろ大いに必要だ。

(現に私の提供するサービスにもこれらの内容は含まれる)

 

だからこそ、

本当に産後も美しく健康的な体型を保ちたいのなら、

ここで説明してきた内容を理解し、

今自分に必要な効果的なサービスを

自分で主体的に選択できる知識を得ておけばいい。

 

そしてもしその場を楽になりたいだけでなく、

10年20年後の未来の為に身体づくりをしたいと望むなら、

あなたを担当する専門家にこう尋ねてみると言い。

 

「私の体を根本的に治すのに、

あなたは私の体のどの部分を改善させるつもりですか?」

と。

 

即答で、「“脳”です!」

ときたらパーフェクトだ。

 

※参照

The Pelvic Girdle: An integration of clinical expertise and research, 4e / Diane G. Lee



記事:BLDA会長 神尾健太

  ➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ



【セミナー情報】

脳-神経-感覚系アプローチによる

美姿勢&ファンクショナル動作の獲得

〜呼吸・筋力・骨格のポジションに影響する

脳-神経-感覚系を応用~

日時:2018.2.25,日曜日,11:00~18:00

対象:トレーナー・インストラクター・治療家・医療従事者など指導者

料金:¥8,900※NSCA継続単位:0.6付与申請中

場所:名古屋※地下鉄名城線「矢場町」駅徒歩3分

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

♦♢詳細&お申込みはこちらから♢♦

https://www.facebook.com/events/1623762107643890/



 

関連記事

  1. 2歳の時の食習慣が将来の肥満に影響を与える!?~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(理論編)~

  2. 出産前後のママさんへ~子どもへの触れ合い不足が永続的な健康問題の原因に?!~

  3. 自分の子の呼吸をよく観察しよう!~学校の成績と呼吸の関係性~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP