ABOUT “BLDA”

ジャンクフードを食べても負の影響を受けない人とは?~腸内細菌たちの素晴らしき働き~

ここ数年で

ダイエットの専門家と名乗る人の数は、

飛躍的に増えている。

 

そして

今後もますます増えていくことが

予想されるだろう。

 

だが現状はあまりいい傾向とは言えない。

 

ある専門家が提唱するダイエット法を、

別の専門家は否定し、

真逆のダイエット法を提唱している。

(脂肪は体に悪い!いや、ある種の脂肪は摂りなさい!じゃあ乳製品は?牛乳は太る(??)のにヨーグルトはいいのかい?お肉は元気の源なのか心臓病の源なのかどっち?そもそも動物を殺して食べること自体の問題もあるよ。でも菜食主義は脳卒中のリスクを高めるし、ビタミンB12不足とか鉄分不足とかの問題への対処法は?炭水化物は食べない方がいいんでしょ?小麦粉製品はこの世からなくした方がいい!!もう難しいことは考えないでこのプロテインとサプリメントを飲めば大丈夫だから。筋トレが人生を変えるのか断食が人生を変えるのか!?買うべきなのはミキサーかヤクルトだったらどっち?????)

 

これでは誰もが路頭に迷うのも無理はない。

 

しかしここ最近の研究や文献を見ていくと

ある一つの光が見え始めている。

 

それが腸内環境だ。

 

ここでは、

ジャンクフードに対する影響から

腸内の細菌たちが行う素晴らしい仕事について

解説していこうと思う。


【健康討論バラエティ】

GOD TALE~神のみぞ知るお話し~

!YouTubeにて好評配信中!

⇩ ⇩ ⇩

tale.7 【謎の白馬登場!?】

加齢が引き起こす体内の変化

~老化(前編)~

→ご視聴はこちらから←


チャンネル登録はこちらから

→より詳しい内容・その他の回はこちらから←

▢ 腸内の細菌たちとの出会い

現在

ダイエットを指導する専門家で、

腸内環境の影響を考慮に入れない専門家は

もはや“モグリ”と言っていいだろう。

 

いや、それどころではない。

 

アレルギーや自己免疫疾患、

精神性の疾患などにも

腸内環境の影響が

続々と報告されている。

 

ダイエットに関して言えば、

これまで多くの人を悩ませてきた

『あの人は太らないのに私は太る問題』が

腸内環境の解明によって説明できるかもしれない。

(そんな一例をこの後紹介する)

 

私たち人類が、

これまでずっと一緒に進化してきた

最も身近な存在とその重要性に

本格的に気付き始めたのはここ最近の話しである。

 

世界中で腸内の環境についての

研究が始まったのは、

2010年代になってからなのだ。

 

ではそんな中から、

肥満と腸内細菌の密接な関係を示した

一つの研究を紹介しよう。

▢ 腸内細菌と肥満

ある一卵性の双子は

一方が痩せていて、

もう一方が太っていた。

(一卵性の双子は、遺伝子情報が100%完全に一致するので、肥満に対する遺伝の影響が致命的ではないことを意味している)

 

そして研究チームはこの双子の便を採取し、

腸内に生息する細菌たちを比較した。

 

すると予想通り、

痩せた方には健康な細菌である

ビフィズス菌やラクトバチルス菌が多くいた。

 

一方、太った方には

腸内の細菌コミュニティの多様性が少なく、

炎症性の細菌が多い状態だった。

 

次に研究チームが行ったのは、

この双子の便を、

無菌マウスに移植した。

(無菌マウスとは、生まれた瞬間から身体に細菌が住み着かないように育てられた特殊なマウスで、もちろん腸内にも全く細菌がいない。また、そんなマウスに便を移植すると、その便の持ち主である腸内の細菌がマウスに住み着くことがわかってる)

 

結果は明快なものだった。

 

太った方の便を移植したマウスは、

短期間のうちに16%体重が増え、

とくに内臓脂肪の割合が多かったのだ。

(Ridaura,V.K.,Science(6 Sep 2013) Gut microbiota from twins discordant for obesity modulate metabolism in mice.)

 

この研究からわかるのは、

その人の腸内にどのような細菌が住んでいるかが

脂肪の蓄積の仕方に影響を与え、

太ることの原因になるということである。

 

そして、

肥満は感染症のように伝染するのだ!

(一緒に暮らしていたり、接触頻度の高い友人や恋人とは腸内の環境が似てくる傾向があることが示されている)

▢ ジャンクフードの負の影響を打ち消す

では腸内の細菌を

先ほどの双子の痩せた方と同じようにすれば

ダイエットできなくて悩んでいる人を

救うことができるのだろうか?

 

もちろんそんなに単純にはいかないだろう。

 

だがこれまでのデータを集めると、

元からやせ型の人や、

食物繊維を多く摂っている人は、

高脂肪食やジャンクフードから受ける負の影響を

比較的に受けにくいことが示されている。

(もちろんこういった人でもジャンクフードばかり食べ続けると腸内環境が乱れるのは容易に想像がつく)

 

実を言うと

この理由はまだよくわかっていないのだが、

腸内細菌がプラスの働きをし、

健康にいいとされる物質(酪酸などの単鎖脂肪酸)を

多く生成しているためとしている。

(『THE Diet Myth/Tim Specter』参照)

 

つまり、

あの人はジャンクフードを食べても太らないのに

私は食べると太る!の原因は

あなたの腸内の環境次第かもしれないのだ。

 

海外ではすでに

そういった治療も行われているらしい。

 

やせ型の人の糞便と生理食塩水をミキサーで混ぜ、

風呂上がりの一杯のようにぐびっとやるのだ。

 

これはビジネスとしては

なかなか普及しないだろう。

(私には絶対に無理だ)

 

サプリメントのようにカプセルタイプでも

同じ効果が見込めるような技術が

開発されることを願っておこう。

▢ 腸内細菌に餌をやる

いやいや、、

そんな発明を待っている余裕はない。

 

日頃の食生活を見直すことで、

腸内の細菌たちを

うまく飼いならす方法を知ることの方が

何よりも重要だ。

 

ここでは腸内細菌が好む餌を

3つだけご紹介する。

 

【1.食物繊維】

 

まずはこれに尽きる。

 

腸内で有効な働きをしてくれる細菌は

食物繊維が大好きだ。

 

野菜、果物、豆類、ナッツ類を積極的に

メニューに取り入れよう。

 

【2.ポリフェノールを含むもの】

 

これまでポリフェノールの健康への効果は

さまざまな研究によって支持されている。

(地中海式の料理には特に多く含まれていて、地中海沿岸に住む人は昔から世界的に見て健康的な人が多い)

 

ニンニク、オリーブ(オイルならエクストラバージン)

ベリー類、カカオ(ココア)、クルミ、

お茶、赤ワインなど。

 

間食や嗜好品はこの中から選ぶと良い。

 

【3.発酵食品】

 

チーズやヨーグルトは

これまで悪者扱いされることもあったが、

現在の認識では最高の健康食品だ。

 

しかし

どちらも伝統的なナチュラル製法を選ばなければ

その恩恵は受けられない。

 

その他にも、

ケフィアやザワークラフト、大豆食品なども

効果的である。

 

最後に大前提として、

忘れてはいけないことを伝える。

 

多種多様な本物の食材をバランスよく食べること。

 

全てはここからだ。

▢ まとめ

全ての人を健康にする

たった一つのレシピなど

この世に存在しない。

 

これはいくら腸内環境の重要性が

この先証明されていっても変わらない原理原則だ。

 

したがって、企業が打ち出す

『これさえ飲めばあなたの腸内環境は最高に!』は

現段階ではまだ懐疑的に見るべきだろう。

 

結局どこまで行っても、

自分の身体は自分で管理していくしかないのだ。

 

自律と健康の親密な関係性は

一生切っても切り離せない。



記事:BLDA会長 神尾健太  ➡ About Me



 

関連記事

  1. 痩せられる脳を作り出す2つの方法とは?!~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(実践編)~

  2. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(前編)~リバウンドのメカニズムを解明する~

  3. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  4. ダイエットを受験勉強と同じやり方で始めるな!~管理・強制・説得の落とし穴~

  5. リバウンドする人は離婚する確率も高い!?~ダイエットと結婚生活の共通点~

  6. 2歳の時の食習慣が将来の肥満に影響を与える!?~太りやすいのは体質なのか脳質なのか(理論編)~

  7. ダイエット成功の命運を分かつ2つのアイデンティティ~あなたはサッカー的か?それとも野球的か?~

  8. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

  9. なぜ甘いモノは止められないの?~スイーツとうまく付き合う方法~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP