ABOUT “BLDA”

人間関係で傷つくと肩こりの痛みは増幅する~感情的な痛みと身体的な痛みの関係~

私のような人体の専門家にとって

目の前のクライアントが痛みを抱えていた場合

それを改善してあげることは非常に重要だ。

 

しかし、

痛みを改善するのに

痛みそのものに焦点をあてていたら

おそらく症状は解決しないだろう。

 

これは

特に整体師や鍼師、ストレッチ屋さんなどの

治療家にとっては耳が痛いかもしれない。

 

だが、これを証明する科学的根拠は、

これまでにいくつも確認されている。

 

ここでは、

痛みの複雑性を理解してもらい、

今あなたが抱えている痛みと

うまく付き合っていく方法をお伝えするのが

私の目的である。

▢ 痛みの複雑性

肩こりを強く感じている時に整体院にいって

マッサージをしてもらった経験は、

肩こりに悩まされている人なら

一度くらいはあるだろう。

 

60分みっちり揉んでもらった後は

肩回りが軽くなり、

痛みも軽減する感覚を味わえる。

 

しかしこの現象が、

肩周辺の筋肉で痛みを発生させていた

何かしらの原因物質を、

マッサージによって除去できたからだと

結論付けることは果たしてできるのだろうか?

 

直観に従えば当然“イエス”だろう。

 

肩の筋肉をあんなに丁寧に

揉んでもらったんだから

筋肉がほぐれて?血流が良くなって?

痛みが引いたのだ。

 

マッサージを受けたあなたも、

場合によっては、マッサージをした整体師も

そう思い込んでいる。

 

だが答えはそんなに単純ではない。

(そろそろ美容健康業界にはびこる単純化し過ぎのインチキ理論を懐疑的な目でみる癖をつけた方がいい)

 

研究によって、

痛みを感じている期間が長引くほど

痛みと組織(筋肉や筋膜)との関係性は

薄くなることが示されている。

(Reconceptualisingpain according to modern pain science. / L Moseley 2007)

 

つまり慢性的な肩こりなどの場合、

肩の筋肉にそこまで異常がなくても

痛みを感じるということだ。

(幻肢痛もその一つの例で、腕や足を切断した人の約8割が、もうそこにないはずの腕や足に痛みを感じるという)

 

では、肩をマッサージすると

確かに楽になるのだが、

それはどういうわけなのだ?

▢ 痛みを科学する

その答えをお伝えする前に、

まずは痛みについてもう少し

詳しくなっておこう。

 

痛みには大きく分けると2種類あり、

脳内で別の領域を活性化させることが

研究によって分かっている。

 

1つ目は第一痛といい、

痛みが起きた場所や痛みの質など

刺激の情報だけを脳に伝えて、

痛みの識別をする。

 

第一痛は、

熱いやかんに触ってしまった時

反射的に手を引っ込めるお馴染みの反応に役立つ。

 

2つ目は(当たり前だが)第二痛といい、

痛みにネガティブな感情を付け加えることで

痛みという刺激に意味を与える。

 

痛みを不快に感じるのは、

第二痛がそう認識させているからに他ならない。

(生まれつき第二痛を司る脳の領域を持たない人は、痛みの刺激は認識できるがそれを全く不快に思うことはなく、その刺激から逃れようとしないことがわかっている)

 

つまり私たちに痛みを伴うような刺激が

外部からもたらされると、

まずは第一痛によって

どこにどんな痛みを感じたのかを識別する。

 

そしてそれとほぼ同時に、

しかも無意識レベルで

その痛みから逃れる反応を筋肉が反射的に行う。

 

その後に少し遅れてやってくる第二痛によって、

この刺激にはいったいどういった意味があるのかを

感情的に認識し、

次の行動や思考に影響を与えるのだ。

 

もちろん私たちが

この二つを区別して意識することは

ほとんどない。

(ただし、足先にデコピンすると、すぐに鋭い痛みを感じ(=第一痛)、その後にジワっと広がる感情に訴えかけるような痛み(=第二痛)を感じることができるだろう)

 

実際はどちらの痛みも、

最終的には脳内で混ざり合う。

 

ではここで一つ思い出してもらいたい。

 

これまでの人生で、

痛みを忘れるほど

興奮した経験はあるだろうか?

▢ 痛みのボリュームは変化する

スポーツをしていた人なら

思い当たる記憶はあるかもしれない。

 

試合中は気付きもしなかったが、

試合終了と同時に、

いつぶつけたのかわからない膝が

急に痛み始めることを。

 

戦争を経験した兵士によると、

撃たれて倒れこむ仲間を必死に助けていた時は

銃弾を何発をくらっても痛みを感じなったばかりか、

流れる血すら自分のものだと思わなかったらしい。

 

これらはよく言うところの

アドレナリンの効果だ。

 

しかしアドレナリンには

痛みを除去する力はない。

 

アドレナリンが出ている興奮状態では、

痛みの刺激のボリュームを抑制するように

脳が指令を出しているのである。

(これを痛みの下降性抑制系という)

 

一方で、

痛みの知覚を強める要素もある。

 

それはネガティブな感情だ。

 

ネガティブな感情は

脳内のある領域(前帯状皮質)の活動性を強め、

痛みの度合いではなく、

痛みの不快さの評価を高めるのことが分かっている。

▢ 心が傷つくと痛みは増幅する

そのことを示した研究結果は

いくつか存在する。

 

人間関係で拒絶されることと、

身体的な痛みの知覚では、

脳内の同じ領域を活性化させることが示されている。

 

また慢性的な痛みに対して、

精神安定剤が有効な理由も

このことから説明できる。

 

つまり、

心が傷つきやすい人は、

他の人と比べるとより痛みを不快に感じやすいのだ。

 

あるいは、

過度な精神的ストレス状況に置かれると、

痛みをより強く感じる場合があるというこである。

 

では

マッサージで肩の痛みが軽減したうちの

どのくらいの割合が

不安の解消によるものなのだろうか?

 

もちろんこれは人それぞれの

過去の経験や持ってる知識、

考え方、信念、先入観

さらにはその治療家に対する

信頼度によって変化する。

 

また、治療家が醸し出す威厳や

コミュニケーションのとり方にも

左右されるだろう。

(これを専門用語でプラセボ効果という)

 

まあ、何はともあれ

マッサージもストレッチも鍼治療も、

あるいは気功や怪しいエネルギーとか何とかも、、

 

その場限りで痛みを改善させるには

有効な手段であるのに疑いはない。

(プラセボ効果のみに依存してお金を稼いでいる悪徳なエセ治療家には捕まらないように気を付けよう)

▢ 痛みとうまく向き合う方法

ここまで痛みの真実を

お伝えしてきた。

 

では実際にそれを知った私たちは

どうやって痛みと向き合っていけば

いいのだろうか?

 

ネガティブな感情は痛みを増幅するが、

痛みもまた不安をあおるように

ネガティブな思考を増幅する。

 

結果的に悪循環を生み、

長いこと慢性的な痛みと戦うことになる。

 

これは辛い。

 

だから途中で断ち切るしか方法はない。

 

多少の慢性的な痛みなら心配ないと腹を決めよう。

 

ヨガや仏教の達人たちが痛みに強いのは、

痛みを無視すると決めているからだ。

 

そして、

心配して不安に駆られるのではなく、

痛みを発生させた真の原因が何なのか

考える癖をつけよう!

 

私の何が悪かったのか

よく考えるようにしよう!

 

痛みとは

脳が私たちに知らせてくれる信号であり意見なのだ。

 

※心配するまでもないとは思うのだが、骨折や捻挫や打撲など急性期の痛みで、原因がはっきりわかっている場合はすぐにお医者さんに行くべきだ

▢ まとめ

私たちは痛みを感じていると、

それだけでやる気も作業効率も下がる。

 

これは痛みという知覚が、

脳内のほとんどの領域に影響を与えるからだと

言われている。

 

また動きの変な癖も、それに伴う歪みも

痛みを我慢して運動をし続けた代償の可能性が高い。

 

痛みを強く感じたら、

まずは痛みを軽減することに全力をあげるべきだ。

 

その方法は何万通りもある。

 

だが、根本の原因を改善し

その慢性的に繰り返す痛みと

一生の別れをしたければ

脳を変えるしかない。

 

ちなみに脳を変えるには、

ベッドに寝ているだけでは不可能だと

覚えておこう。

 

『TOUCH:The Science of Hand, Heart, and Mind/David J. Linden』参照



記事:BLDA会長 神尾健太  ➡ About Me



 

関連記事

  1. 骨盤の歪みの正体とは?その影響って何??~左右非対称性の真実を紐解く~

  2. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  3. 美姿勢についてとことん掘り下げた結果行き着いたのは?~姿勢改善の3つの階層~

  4. 現代人がエクササイズを始める前に必ずしなければいけないコト~安定と弛緩の両立~

  5. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~

  6. 猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??

  7. 長年の腰痛と決別するために体幹トレーニングをしよう!は半分“ウソ”?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP