ABOUT “BLDA”

無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

自分のことを良く知らずに

幸せな人生をまっとうできるだろうか?

 

自分はいったい何を望んでいるのか?

 

どんなことをしている時が最も楽しいのか?

 

他人の生き方やアドバイスを参考にするよりも

自分自身を理解することの方が

100倍重要だろう。

 

そしてそれは、

体にも全く同じことが言える。

 

自分の体を感じる力(体感力)が乏しければ、

パーソナルトレーナーから教わる

体幹トレーニングの効果は半分以下だ。

 

ここでは、

体幹トレーニングを効果的に行うためには

自分の体を体感する力が必要ですよ!と

主張していくつもりだ。

▢ 体幹トレーニングの勘違い

“体幹トレーニング”

 

ここ10数年で、

知らない国民はいないくらい

世に浸透したワードではないだろうか。

 

書店に行けば、

専門書が何冊も見つかるはずだ。

 

特に、

サッカー日本代表の長友選手の影響は大きいだろう。

(当時は身体を固めることによって安定感を引き出す的な理屈だったが、当の本人はその硬め過ぎた身体のせいでパフォーマンスが低下し、現在ではヨガ推しに心変わりしているが)

 

そのおかげで現在では、

どんなジムやパーソナルトレーニングに行っても

体幹トレーニングなるものはやらされるはずである。

 

もちろん、体づくりにおいて

体幹が重要な要素であることに変わりはない。

 

だがここで重要と言っているのは、

“筋力”ではないことに注意が必要だ。

 

これまでに、

美しい姿勢を維持するために、

あるいは腰痛を予防するのに、

体幹の筋力向上が必要だとする科学的根拠は

得られていない。

(シックスパックがほしいだけなら話しは別かもしれないが)

 

機能的な身体を作りたければ、

いつどうやって体幹の筋肉が使われているかという

“質”に焦点を当てる必要があるのだ。

(発火頻度とタイミング)

 

ではその“質”を高めるにはどうすればいいのだろうか?

▢ 体“幹”力よりも体“感”力

答えは感覚だ。

 

自己制御能力とも言える。

 

「このエクササイズ中って

自分の骨盤の角度はこんなもんでいいのかな?」

 

「このトレーニングをすると

どうしても腰が反ってしまうな...

もっと腹筋に頑張ってもらおう!」

 

このような自分の体の感覚に耳を傾けながら

体幹トレーニングを行っているだろうか?

 

あるいは

そもそも自分の中心軸すら把握していない人も、

現代社会では非常に多い。

 

すると脳は常に不安な状態になる。

 

自分が今どういう体勢にあるのかを

感覚がきちんと教えてくれないからだ。

 

結果的に、

呼吸が浅くなったり、

肩首に余計な力が入ったり、

姿勢が悪くなったりする。

 

そんな人がいきなり

ユーチューブやインスタグラムに投稿されている

動画を見ながら体幹トレーニングをしても

なかなか思ったような効果は得られないの明白である。

(たまに自分のクライアントの体幹トレーニングシーンやモデルが投稿してるトレーニングシーンで、明らかにやり方が間違っている動画を見ることがあるが、そのトレーナーの能力の低さを発信しているだけだからやめた方がいい)

 

体幹の筋力を鍛えるよりも

体感する能力を研ぎ澄ますことに

重点を置くことが最重要ポイントだ。

▢ 感覚入力と脳の指令

私の記事ではよくお伝えするのだが、

姿勢も歩き方も

コントロールしているのは脳である。

 

脳が変化していなければ、

姿勢も歩き方も改善していないのと同じだ。

(ちなみに脳のプログラムが60分で変化することは考えられないので、60分後のビフォーアフターの写真は全て無意味と言える。だって家に帰っている間に元に戻ってしまうから。)

 

そして脳は身体の各部位に散在している

感覚センサーからの情報をたよりにする。

 

どんなに格式が高いMBAを持っているイケメン社長でも、

各部署の売り上げ情報が適切に報告されなければ

来月の経営戦略が立てられないの同じで、

 

どんなにカリスマトレーナーの動画を見ても

自分自身の体の感覚に鈍感のままでは

体幹トレーニングをしても姿勢は美しくならない。

 

余談だが、

シックス○ッドやEMSなど

電気信号で強制的に腹筋を刺激する機械について

考えてみたい。

 

いや、、考えるまでもないか。

 

脳の指令や感覚の入力を無視した

これらの機械を使っても

機能的に美しいしなやかな身体は作れない。

 

絶対に!

(私が最も尊敬していたサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドには申し訳ないのだが...ビジネスとはそういうものだ)

▢ 感覚を鍛えるための方法

では体感する力(=感覚)を鍛えるためには

どうすればいいのだろうか?

 

まずは、

脳に十分なエネルギー(酸素と糖分)が

行き届いていることが前提だ。

 

そういったことから、

過度な糖質制限はオススメしない。

 

過度な糖質制限は

脳の機能が低下することが

研究によってわかっている。

 

次はトレーニングについて。

 

体幹トレーニングというと

四つ這いや横向きのエクササイズを

想像する人が多いだろう。

 

厳密に言えば体幹は

ほぼ全てのエクササイズで使われべきなので

体幹トレーニングの定義は曖昧と言える。

 

そんなありとあらゆるトレーニングの中で、

もし感覚を研ぎ澄ますために選択してもらいたいのは

仰向けのエクササイズ。

 

ストレッチポールを使うとなお良い。

 

その理由は、

背面全体が地面に接地しており、

そこからたくさんの感覚入力を得られるからだ。

 

それに頭をリラックスできるので、

より体幹部を意識しやすい。

(頭を支える肩と首の筋肉は、体幹がうまく使えていない人にとっては最終代償ポイントとなる)

 

最後に、

現代人のほとんどにみられる問題に

対処しておこう。

 

パソコンやスマホの画面を1度も見ずに

1日を終える人はいったいどのくらいいるだろうか?

 

むしろ1日中画面を凝視する人もいるだろうし、

これからもそんな人たちが

ますます増え続けると予想できる。

 

しかし、

近くにある一点を集中的に長時間見続けることなど

私たちの祖先ではほとんどなかったはずだ。

 

だからこんなにも近視になる人が多い。

(世界的に見ても日本人は驚異的に多い)

 

これは視点の過剰固定といい、

姿勢筋(肩と首)の慢性的な過剰使用を促す。

(結果的に肩こりや頭痛、猫背の要因になる)

 

このままでは使いたいはずの体幹の筋肉たちを

うまく働かせることができないだろう。

 

したがって、体幹トレーニングを始める前に、

仰向けになって(感覚入力を最大にしてリラックス)

目を閉じ(視覚情報を遮断)

深い呼吸(脳に十分な酸素を供給)

を数分間行うといい。

 

そうすることで、

まだトレーニングを始めていないのにも関わらず、

体幹の筋肉が目を覚まし活動状態になることが

これまでに示されている。

 

間違いなくこの方が、

効率よく機能的な体幹を鍛えることができるはずだ。

▢ まとめ

私はムキムキではない。w

 

それどころか

決してムキムキになりたくはない。

(T-シャツをピチピチに着たり、ジャケットやスキニーパンツをムチムチに着たくないので)

 

もし私と同じように、

彫刻のような肉体に憧れる価値観を持たずに、

機能的に美しいしなやかなカラダを目指すなら

ベンチプレスもバーベルもウェイトマシンも捨てていい。

(特に女性は)

 

その代わりに、

自分自信の感覚に鋭くなり、

自分の体をきちんとコントロールできる能力と知識を

獲得することに時間を費やそう。

 

彫刻は掘るのをやめればすぐ台無しになるが、

研ぎ澄まされた体感力は一生モノになるのだから。



記事:BLDA会長 神尾健太  ➡ About Me



 

関連記事

  1. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~

  2. なぜ甘いモノは止められないの?~スイーツとうまく付き合う方法~

  3. 経済第一主義の世の中でダイエットの問題が根本解決できない理由とは?~依存心を捨てよ!~

  4. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(後編)~じっとしてると体に悪いわけ~

  5. ジャンクフードを食べても負の影響を受けない人とは?~腸内細菌たちの素晴らしき働き~

  6. 現代人がエクササイズを始める前に必ずしなければいけないコト~安定と弛緩の両立~

  7. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(後編)~ダイエット効果を上げ、リバウンドリスクを下げる方法…

  8. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

  9. トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP