ABOUT “BLDA”

猫背の“原因”はとっくに特定できている?!なのに改善できない“理由”とは??

原因が特定できれば予防策がわかる。

 

予防策がわかれば問題は解決できる。

 

これには誰もが納得できるはずだ。

 

ではこれだけ

姿勢改善、歪み改善、骨盤矯正、

体幹トレーニング、ヨガ...などなど

色々と注目されている今現在、

世の中の猫背な人は減少しているだろうか?

 

事実はわからない。

(そういう学術的な統計があるかも不明)

 

だが猫背という現代病は

成人ばかりにとどまらず

今や子供の世代にまで

蔓延し続けているというのが私の実感である。

 

であれば、

猫背の原因は未だに特定できていない

ということなのだろうか?

 

いや、そんなことはない。

 

実はとっくに特定できている。

 

では説明していこう。


【健康討論バラエティ】

GOD TALE~神のみぞ知るお話し~

!YouTubeにて好評配信中!

⇩ ⇩ ⇩

tale.7 【謎の白馬登場!?】

加齢が引き起こす体内の変化

~老化(前編)~

→ご視聴はこちらから←


チャンネル登録はこちらから

▢ 多種多様な猫背のパターン

ひとえに猫背といっても

パターンや種類はたくさんある。

 

局所で見れば、

円背、巻き肩、頭部前方位姿勢が

代表的な症状だろう。

 

円背とは文字通り丸まった背中のこと。

 

巻き肩もそのままで、

内側に巻き込んだ肩のこと。

 

頭部前方位姿勢とは、

胴体に対して頭が前側に移動した姿勢で、

ストレートネックを呈することが多い。

 

実際のところ、これらの症状には

様々な組み合わせが存在し、

骨盤や下半身の状態、左右差も判断材料にする。

 

だが今回のところは

この3つに心当たりがある人は

このまま読み進んでもらいたい。

▢ 猫背の原因は特定できている?

もちろん猫背になる原因は複雑だ。

 

もし原因が特定できていれば、

予防策を効果的に講じることができ

猫背という社会問題を

根絶できるはずではないか。

 

いや、待てよ。

 

仮に原因がわかっていても、

改善するのが相当困難であるか、

 

あるいは何らかの理由で

原因に対処するのが不可能な場合だったらどうだろう?

 

後者の場合、現代人が強いられている

ライフスタイルや周りの環境に要因があると

断言できる。

 

で、おそらくその通りなのだ。

 

長時間椅子に座る、ハイヒールや革靴を履く、本を読む、パソコンのキーボードを操作する、スマホやテレビの画面を凝視する、化学物質が浮遊する空気を吸う、工業化された食品を食べる、歩かない、走らない、木に登らない、食物繊維を食べない...

 

人類、何百万年の進化史を通して、

このような生活をするように

私たちの体は設計されていないのは明白である。

 

しかし、ここで列挙したのは

現代のごく当たり前の生活習慣と言える。

(しかもごく一部)

 

今さら

やめた方がいい!やめなさい!と言われても、

ほぼ不可能に等しいのだ。

 

現に今私もこの記事を書くのに

スタバの椅子に座り、

HPのパソコンの画面を凝視しながら、

キーボードを打っている。

 

だから現代を生きる全ての人は

容易に猫背になってしまう。

 

原因はわかっているのにも関わらず。

(おそらくあなたも自覚があるだろう)

 

この事実は、

姿勢を維持するための筋肉を鍛えても

歪んだ骨盤や背骨を矯正しても

それだけでは猫背が改善しない根拠を提供する。

▢ 猫背を改善する為の私の提案

まあ結局のところ

姿勢とは脳なのである。

 

では脳の変化を促すには

何が必要だろうか?

 

これに答えるのは難しい。

 

少なくとも

ヨガスタジオの60分レッスンに

週2回出ただけでは無理だろう。

 

まずは猫背についての正しい知識は必要だ。

(これはBLDAのプログラムで

身につけることをおすすめする)

 

あとは自分の身体の感覚と向き合い

試行錯誤を重ねる。

 

そして

普段の生活の中にしっかりと落とし込む。

 

それから、

量と多様性、両方のバランスが取れた

定期的な運動と食生活を継続する。

 

ストレスマネジメントだって重要だろう。

 

あとは...そうだな...

 

自分で考えてみよう!

自分で考える癖をつけるしか方法はない。

 

『姿勢を悪くしている原因かもと

自覚している悪しき生活習慣で、

対処できていないものは何だろう?』

 

そして、

 

『対処できないのはどうしてか?』

『改善させる手段は他に検討できないか?』

 

脳を変えるためには

自分の脳を使うのが1番だ。

▢ まとめ

専門家は24時間いつも

あなたを監視することはできない。

 

もし可能だとしても

1日で嫌われる自信がある。w

 

だが猫背の原因は、

監視できないその瞬間瞬間にある。

 

無責任に聞こえるかもしれないが、

猫背を治すには

自分自身の意志に100%依存する。

 

私たち専門家は

その意思の矛先が間違うことのないよう

正しい情報を提供し、

少しばかり背中を押してあげることくらいだ。

 

“筋肉ではなく、脳を鍛えよ”

~ パベル・コラ- ~



記事:BLDA会長 神尾健太 

➡ About Me


■セミナー/講演会/執筆/メディア出演■

「各種依頼はこちらからお願いします」

お問い合わせホームへ


YouTubeにて健康討論番組を配信中

ご視聴&チャンネル登録はこちら



 

関連記事

  1. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

  2. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  3. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(解決編)~腸内細菌と運動×断食~

  4. カラダの悩みを“ちゃんと”改善できる人とできない人の絶対的な違いとは?~トップダウン VS ボトムア…

  5. 人間関係で傷つくと肩こりの痛みは増幅する~感情的な痛みと身体的な痛みの関係~

  6. 経済第一主義の世の中でダイエットの問題が根本解決できない理由とは?~依存心を捨てよ!~

  7. ダイエット成功の命運を分かつ2つのアイデンティティ~あなたはサッカー的か?それとも野球的か?~

  8. ダイエット実践者のケーキ V S 既婚者の浮気~甘い誘惑と3大欲求との闘い~

  9. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(後編)~じっとしてると体に悪いわけ~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

YouTubeにて定期配信中!!

  • 【健康討論バラエティ】
  • GOD TALE~神のみぞ知るお話し~
  • 『美容・健康業界に携わる専門家同士の熱い議論を、動画にてお届けしています。そこから何をどう学ぶかは“あなた次第”。是非とも、チャンネル登録よろしくお願いします。』
  • ➡チャンネル登録はこちらから

人気記事 BEST 20

PAGE TOP