ABOUT “BLDA”

“ディスり”が世の中を変える!?~批判的・懐疑的思考の重要性~


“子供たちには早い年齢から、

批判的、懐疑的思考を教えられるべきではないだろうか?

私たちはみな、

疑い、もっともらしさを天秤に掛け、証拠を要求することを

教えられるべきではないだろうか?”

 

-リチャード・ドーキンス自伝本より-


私が本当に尊敬する4人の人物のうちの一人が

『リチャード・ドーキンス』である。

(残りの3人はまたどこかで)

 

冒頭の文はそのまま彼の自伝本から引用した。

 

私がこの本のこの部分を始めて読んだ時に感じた感想は、

「なるほど。確かに!」ではなく、

「そうそう。その通り!」だった。

 

ここで書いていくのは、

これまで批判的、懐疑的な思考を貫いてきた

私の哲学である。

▢ 子供時代に納得できなかった謎

『夜に爪を切ってはいけない!』

『新しい靴は午後におろしてはダメ!』

 

母親に言われたこれらの伝統?迷信?は

子供ながらに納得していなかったと

今でも鮮明に覚えている。

 

「え!?なんで??」と

納得するまで質問することができなかったのは

幼少期の私の能力不足だろう。

 

しかし一方で、

小学校高学年までサンタクロースの存在は心底信じ切っていた。

(両親の巧妙なトリックによって)

 

超常現象や特殊創造説、神の存在に全く無関心になったのは

もう少し先の話だ。

 

(ちなみにドーキンスは16歳でその域にたどり着いており、

後に『神は妄想である』という本を書いている)

 

話が脱線したが、

要は昔から世の中のことを

批判的、懐疑的な視点で見ていたと自負している。

▢ 批判的思考の重要性

持論だが、

世の中のことを批判的に思考できないと

新しいモノは生み出せない。

 

新しく、革新的なモノをゼロから生み出す人たちは、

これまでの常識や風潮、伝統を

批判的、懐疑的な視点で分析しているはずだ。

 

言い換えれば『世の中を変えてやりたい!』という

反骨心とも言える。

 

なぜそんなことが言えるのだろうか?

 

だって

『世の中を変えてやりたい!』という考えそのものが

現状の世の中を批判し疑っているではないか!

▢ 問題提起から議論へ

さらに批判的、懐疑的な思考からもたらされた意見は

問題提起になり、質の高い議論を引き起こす。

 

質の高い議論がなされていないアイデアは、

すぐ破棄した方がいい。

(それかもう一度見直す)

 

どうせ失敗するので。

 

アイデアを洗練させる為に必要な議論は、

その会議や話し合いの場で

批判的、懐疑的な意見を繰り出すことによって

発生するはずなのだ。

▢ 否定と批判の境界線

しかしこのような私の考え方が、

物事を良くない方に向かわせることも当然ある。

 

『すぐ否定する!』と嫌がられ、

よく場の空気を悪くする。

 

目上の人からは、

『否定から入るな!!』と

お叱りをいただくことも多々ある。

 

(その度に、

否定から入るな!!』と“否定”されている

パラドックスな状況を感じているw)

 

中には悪意のある否定もあったかもしれないが、

違った価値観を提供し、

問題提起しているつもりのコトの方が

圧倒的に多いはずだ。

 

『ん?ちょっと待って!

その考え方は僕と違うから

今から議論しない?』と。

 

建設的な批判と悪意ある否定を区別するのは

そんなにも難しいことだろうか?

 

おそらく難しい。

特に日本では。

(私に海外経験はいっさいないが)

 

だからこそドーキンスが言うように、

子供の頃から批判的、懐疑的な思考を

教育すべきではないだろうか?

 

もっと建設的な批判が飛び交う

議論を推奨しよう!

▢ まとめ

人の価値観は人それぞれで面白い。

 

私はそれぞれの価値観をぶつけ合うことの

楽しさと価値を知ってしまった。

 

同じ価値観、考え方をした人たちのみの集まりで

褒め合い、認め合い、慰め合いの”に

何かの間違いで参加してしまった時には、

一刻も早く帰りたいと心の中で懇願している。

(決して場を荒らさないようにしながら)

 

批判的視点と建設的な懐疑心を育むためには

いったい何が必要なのだろうか?

 

合言葉は、

“Shall we GIRON ??”



記事:BLDA会長 神尾健太  ➡ About Me



 

関連記事

  1. 革新的なアイデアを生み出す革新的な方法~未来の過去である現在を変える~

  2. この記事は、名著[神は妄想である]を読んだ神尾の妄想である~プラセボとの決別~

  3. “神尾健太”自伝~いかにしてここまで自分に自信を持てるようになったのか~

  4. “神尾健太”自伝Vol.2~運命決定論的な視点に立つと見える最高の生き方~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

人気記事 BEST 20

PAGE TOP