ABOUT “BLDA”

トレーニングの成果がなかなか出ない人必見!身体づくりを始める前に整えておきたい2つの条件

美と健康を維持するには定期的な運動は欠かせない。

運動が重要なのは誰もが知っている事実だ。

 

そう思って始めてみたはいいが、、

3ヶ月、半年、1年継続したのに、世間が言うほど成果が実感できない人も多いのではないだろうか。

(1年継続できたことは素晴らしい!!)

 

ここではダイエットや美脚、姿勢・歪み改善を目指してトレーニングを始めたがなかなか思ったような成果が出ない人に、

知っておいてもらいたい2つの前提条件について伝えていく。

▢ 要になるのは“脳”

脳と言われると何だか難しく思われるかもしれないが、話しはいたって単純だ。

 

私たちの動きも感覚も、さらには感情までもが脳によってコントロールされている。

姿勢も痛みも幸せな気持ちもすべて脳からもたらされる結果である。

 

したがって結果を改善するには脳に正しく機能してもらう必要があるのだ。

 

では脳のしっかりと機能してもらうためには何が必要なのか?

 

答えは栄養。

つまり運動を始める前の条件として、脳に栄養を与えなければならないと覚えておこう。

▢ 脳に必要な2つの栄養

それでは脳が欲する栄養とはいったい何だろうか?

 

1つは読者の皆様がすでに思い浮かんでる通り、食事から得られる栄養素だ。

その中でも特に重要なのは糖質(グルコース)である。

 

極端な糖質制限と食事を摂るタイミングの乱れは、

脳の機能を半分以下にすることが知られている。

 

そしてもう1つは酸素。

医療ドラマを見たことがある人ならご存じだと思うが、

数十分酸素がいかないだけで脳はかなりのダメージを負う。

それだけ脳には常に酸素が必要なのである。

 

ということで、脳に必要な2つの栄養は、

  1. 糖質(グルコース)
  2. 酸素

ということになる。

 

そこから導き出される、運動前に整えておきたい条件は以下の2つ。

 

条件その1-適切な食生活-


 

ダイエットの為に過度な糖質制限をする人は多いが、

一方で集中力や感覚統合能力が低下し、トレーニングやエクササイズの質の悪化を招くことも考えられる。

 

条件その2-理想的な呼吸-


 

正しい呼吸ができていなければ酸素を効率的に体内へ取り込むことはできない。

その結果、脳は慢性的な酸欠状態に陥り、判断力や集中力の低下を引き起こす。

▢ 明日からできる解決方法

まずは脳にしっかりと糖質を供給するために過度な糖質制限はあまりおすすめではない。

もし短期間にコミットしたダイエットを実践中であっても

トレーニング前には少しばかりの糖質を摂取しておこう。

 

どちらにしても極端に食べる物が絞られる方法は、

長期的に見ればすべての面において効率的ではないだろう。

 

次に呼吸について。

 

ポイントは舌の位置を意識して、鼻呼吸をすることだ。

鼻で呼吸をすることは酸素摂取量と肺でのガス交換効率を増加させる。

 

明日から一人で歩く際は、

舌を上あごのベタっとくっつけて歩くように心がけてみよう。

(会話しているとこれは不可能なので、デート中はオススメしない)

 

そうすれば自然と鼻呼吸が促されるはずだ。

▢ まとめ

運動やトレーニングをする目的は人それぞれだろう。

しかし、いかなる目的だろうと脳に栄養を補給することを忘れてはいけない。

糖質と酸素が十分に供給されていなければ、

長期スパンの成果はなかなか得られないのだ。

 

その為には【適切な食生活】と【理想的な呼吸】は欠かせない。

 

こ2つの条件を念頭に置き、

日々の運動やトレーニングに励んでいってもらいたい。

 

記事:BLDA会長 神尾健太  ➡ About Me

関連記事

  1. 美姿勢についてとことん掘り下げた結果行き着いたのは?~姿勢改善の3つの階層~

  2. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(前編)~不適切な呼吸を“重大インシデント”に認定~

  3. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(後編)~じっとしてると体に悪いわけ~

  4. ジャンクフードを食べても負の影響を受けない人とは?~腸内細菌たちの素晴らしき働き~

  5. 正しい呼吸と美しい姿勢の蜜月な関係性(後編)~なぜ全国民の呼吸が異常になるのか?~

  6. カロリー制限してるのに痩せない人の負のスパイラル~カロリーインアウトの法則の盲点~

  7. なぜあの人は痩せるのに私は痩せないのか?(前編)~リバウンドのメカニズムを解明する~

  8. 無意味な体幹トレーニングをしない為に~“体幹”の筋力を鍛える前に、“体感”する力を鍛えよう!~

  9. 運動しなくてもいい人なんてこの世に1人もいない説(前編)~人体は動くために設計されている~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Body & Life Design Association

  • 『デザインとは、どう見えるかどう感じるかではなく、どう機能するかである。』
  • BLDAでは、私たちヒトが本来持っているカラダの機能を美しく健康にしていくことが、あなたの人生を輝くものにしていく最上の方法だと考えています。
  • 10年後20年後をより美しく健康的に過ごしたいと望むのであれば、自分で自分のカラダをデザインする必要がある時代なのです。
  • BLDAとは、認定ボディデザイナーによるボディデザイン(パーソナルトレーニング×栄養学セミナー)を提供し、すべての人の根本的な身体づくりをサポートしている組織です。
  • BLDA公式ホームページへ

カラダのグッドデザイン賞

  • パーソナルトレーニングで身体の外側を
  • 栄養学セミナーで身体の内側を。
  • せっかく本気でカラダ作りを始めるなら、しっかり学んでBLDA認定の【カラダのグッドデザイン賞】を獲得しよう!
  • 認定コースプログラム内容

こんな方にオススメ

  • ■パーソナルトレーニングを始めたい
  • ■カラダのことをきちんと知っておきたい
  • ■今自分に必要な栄養のことを学びたい
  • ■辛いだけのダイエット法でリバウンドしたくない
  • ■姿勢、歪みを根本的に改善したい
  • ■流行や偽情報に惑わされたくない
  • ■一生健康で美しく輝いていたい
  • ■カラダのグッドデザイン賞がほしい

お問い合わせ

ブログを投稿月から検索

最近の記事

人気記事 BEST 20

PAGE TOP